ここから本文です

香川vs原口が実現へ。独誌、11日の直接対決で両者をスタメン予想

3/11(土) 11:20配信

フットボールチャンネル

 現地時間11日に行われるドイツ・ブンデスリーガ第24節で、ヘルタ・ベルリンとボルシア・ドルトムントが激突する。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 ドイツのサッカー雑誌『スポーシャウ』は、ドルトムントに所属する香川真司とヘルタ・ベルリンに所属する原口元気をともに先発出場と予想した。

 同誌によるスタメン予想は以下のとおり。

▽ヘルタ・ベルリン(4-2-3-1)
GK:ヤルステイン
DF:ペカリーク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハルト
MF:スターク、シェルブレッド、原口、ダリダ、カルー
FW:イビセビッチ

▽ボルシア・ドルトムント(4-3-3)
GK:ビュルキ
DF:パスラック、ソクラティス、ギンター、シュメルツァー
MF:メリーノ、香川、カストロ
FW:プリシッチ、シュールレ、オーバメヤン

 ドルトムントは8日にUEFAチャンピオンズリーグのベンフィカ戦があり、ヘルタ・ベルリン戦まで中2日の過密日程となっている。そのためトーマス・トゥヘル監督はターンオーバーによるメンバー入れ替えを行うようだ。

 ベンフィカ戦にフル出場したマルク・バルトラ、ウカシュ・ピシュチェク、ユリアン・ヴァイグル、エリック・ドゥルムには休みが与えられ、フォーメーションも3バックから4バックに変わると見られる。

 ゴンサロ・カストロやマルセル・シュメルツァー、クリスティアン・プリシッチはベンフィカ戦で90分間プレーしたものの、ヘルタ・ベルリン戦は先発と予想されている。香川は中盤で公式戦10試合ぶりのスタメン出場の見込みだ。

 一方、週半ばに試合のなかったヘルタ・ベルリンの原口は公式戦7試合連続の先発出場と予想されている。まもなく日本代表戦ということもあり、日本人対決の実現に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)