ここから本文です

中村が華麗なFK弾、川又も追加点! 移籍組が新天地初ゴール、敵地大宮戦で磐田が今季初勝利

3/11(土) 16:55配信

Football ZONE web

開始5分、中村俊が伝家の宝刀FKで先制弾

 ジュビロ磐田のMF中村俊輔が伝家の宝刀、フリーキックで移籍後公式戦初ゴールを決め、チームを今季初勝利に導いた。11日に行われたJ1第3節大宮アルディージャ戦で先発し、直接FK弾を叩きこむなど八面六臂の活躍を見せ、磐田は2-1で勝利した。

“俊輔の左足”がメッシを抜いた! 英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」にランクイン

 磐田は開幕2試合を1分1敗と勝ち星に恵まれないなかで大宮とのアウェーマッチを迎えた。トップ下で3戦連続スタメンに名を連ねた中村俊が輝いたのは開始早々の前半5分だった。

 同3分にFW川又堅碁とのコンビネーションからMFムサエフがゴール正面やや左18メートルの位置で直接FK獲得の大チャンスを迎える。このキッカーを務めたのはもちろん中村俊。相手GK加藤順大の重心を見極めると、低弾道のシュートはゴール右隅へ。加藤の必死のセーブも及ばず、ゴールネットを揺らし先制点をゲットした。中村俊はこの一撃で自身が持つJ1最多FK得点を「23」に更新した。

 1-0として勢いに乗った磐田は、大宮に対して攻勢をかける。同10分には中村が浮き球のボールを左足で巧みなパスを送ると、スペースを駆け上がったMF太田吉彰が痛烈なシュートを放つ。この一撃はクロスバーをかすめ、同23分に中村俊が上げたクロスにMFアダイウトンがダイレクトで合わせたシュートも加藤のファインセーブにあったものの、サックスブルーの新背番号10は前半通じて圧倒的な存在感を見せた。

相手DFとの競り合い制し川又がゴール

 後半に入っても磐田の勢いはとどまらない。2分、川又が上空高く上がったロングボールに反応し、大宮DF菊地光将との競り合いを粘り強く制して相手GKと1対1に。これを冷静に決めて2-0。川又も中村俊と同じく、移籍後初ゴールをマークした。

 ホームで開幕3連敗を避けたい大宮はFWムルジャを投入するなど打開を図り、同27分にはMF横谷繁の右サイドからのクロスを途中出場のFW清水慎太郎がヘディングで決めて1点差に詰め寄った。しかし磐田はGKカミンスキーを中心とした守り、そして中村俊の冷静なゲームメークで時計の針を進め、勝ち点3をもぎ取った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/11(土) 17:03
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新