ここから本文です

外国人が気付いた「日本のドラマ」3つの特徴

東洋経済オンライン 3/11(土) 6:00配信

 突然ですが、ドラマ、見ていますか?  若年層を中心に「テレビ離れ」が叫ばれて久しいですが、それでも日本には高視聴率をたたき出したり、社会現象になったりするドラマが少なくありません。昨年10月から放送していた「逃げるは恥だが役に立つ」も話題になりましたよね。

 日本のドラマが大好きな私、実はギリシャ生まれのギリシャ育ちという、生粋のギリシャ人です。日本人男性と結婚して今は、アテネで通訳や翻訳家、ライターなどをしながら暮らしています。今ではこのように日本語で文章が書けるようになった私ですが、日本語を学ぶきっかけはある日本のドラマでした。

 親戚から勧められたそのドラマは、「花ざかりの君たちへ」。カラフルで派手な衣装を着たり、突然歌いだしたり、ギリシャ人から見ると、少し変わったドラマだったので、最初は「この国大丈夫?」と思いました。でも、本当にイケメンパラダイスですぐにハマりました。しばらくいろいろなドラマを見ていましたが、字幕だと細かいニュアンスまでつかむことができないこともあり、フラストレーションはたまるばかり。「日本語を勉強したほうが早い!」そう思い立って勉強を始め、いつの間にか日本語が話せるようになったのです。

■義母から最新ドラマの情報をゲット

 さて、アテネに住んでいる私が、どのようにして日本のドラマの情報を得たり、視聴したりしているのか気になると思います。私の場合は、圧倒的にフェイスブックなどのSNSで最新情報を得ることが多いですが、このほかにも「tokyohive」という日本の芸能ニュースサイトもよく見ています。英語サイトですが、ここには、毎週のドラマの視聴率や新曲の情報、芸能人の結婚・離婚などのニュースが詰まっています。また、2週間に1度、日本に住むダンナさんの両親とSkypeで話すので、そのときに義理の母からオススメを聞いています。

 アテネに住んでいるので、最新ドラマをリアルタイムで視聴することはできません。しかし、話題のドラマは日本に行ったときに、まとめてDVDで見るなどして楽しんでいます。これまでも、こうしてたくさんの日本のドラマを見てきました。

 なかでもお気に入りは「1ポンドの福音」。テンポ良く展開されるコメディは見ていて面白い。また、ジャニーズ、特に嵐の松本潤さんの大ファンなので、「花より男子」も楽しみました。ちなみに昨年、アテネの日本人会のビンゴ大会で雑誌購読券が当たったのですが、これを使って年間購読しているのは何を隠そう『Myojo』です。

 さて、そんな日本ドラマ大好きな、ギリシャ人の私から見た日本のドラマの特徴はいくつかあります。

1/3ページ

最終更新:3/13(月) 11:10

東洋経済オンライン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(3月30日)

  • ITmedia ヘルスケアの配信が終了しました。