ここから本文です

家飲みで余る人も余らない人もどうぞ!ワインを使ったごちそうレシピ5選

3/12(日) 11:30配信

東京ウォーカー

■ 濃厚料理には赤、さっぱり料理には白。

飲み残したワインを料理にさっと使う…そんな料理上手に憧れながらも、意外とワインが冷蔵庫に残ってしまう、という人も多いのでは? そんなときは味に深みを出してくれる調味料として、料理に使うのがおすすめ。今回は、ワインをたっぷり使うことで本格的な味になるごちそうメニューをご紹介します。

クイックやわらかビーフシチュー



■ 赤ワインが生きる!定番の「牛肉の赤ワイン煮」

<材料2~3人分>

牛カレー用角切り肉…200g、セロリ…1/3本、玉ねぎ…1/4個、にんにく…1/2片、マッシュルーム…6個、新じゃがいも…5~6個(約200g)、パセリのみじん切り…適宜

煮汁、固形スープの素…1/2個、赤ワイン…1カップ、トマトケチャップ…大さじ2、ウスターソース…大さじ1、塩、こしょう…各少々、ローリエ…1枚、塩、こしょう、バター、小麦粉

<作り方>

1.牛肉は塩、こしょう各少々をもみ込む。セロリ、玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。マッシュルームは縦半分に、じゃがいもは皮をよく洗って皮つきのまま一口大に切る。煮汁の材料はよく混ぜ合わせる。

2.シリコンスチーマーにセロリ、玉ねぎ、にんにく、バター大さじ2を入れてふたをし、電子レンジで約3分加熱する。小麦粉大さじ1と1/2を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ、煮汁を少しずつ加えて溶きのばす。

3.牛肉、じゃがいも、ローリエを加えて軽く混ぜ合わせ、再びふたをして電子レンジで約5分加熱する。

4.取り出してよく混ぜ合わせ、マッシュルームを加え、ふたをせずに電子レンジで約5分加熱する。パセリをふる。

赤ワイン料理と言えば、牛肉の煮込み。時間がかかるし難しそう…そんなイメージも一新! レンジを使った簡単レシピです。



■ お祝いの席にもどうぞ。「はまぐりの白ワイン茶碗蒸し」

白ワインで蒸したはまぐりと、その蒸し汁まで使った味わい深い茶碗蒸し。見た目も華やかな、春の一品を堪能できます。



■ 子どもも嬉しい!「クイックやわらかビーフシチュー」

牛しゃぶしゃぶ用肉で合いびき肉だねをくるっと巻くので、柔らかい仕上がり。大人も子どもも喜ぶ一品です。



■ 洋風鍋「重野佐和子さんの野菜たっぷりブイヤベース」

魚介のうまみを引き立てる白ワイン。最後は味わい深いスープでリゾットをどうぞ。



■ ワインで蒸せば濃いうまみ「とり肉とレタスのワイン蒸し」

しっかり焼き色をつけたとり肉と野菜を白ワインで蒸します。香りよく柔らかいレストランの味を自宅で手軽に楽しんで。



「ワイン?余らないけど?」という人もぜひお試しくださいね!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:3/12(日) 11:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。