ここから本文です

敗戦もドルトムント香川を米メディア高評価 「回転して相手を置き去りにし、クレバーなパス」

3/12(日) 11:20配信

Football ZONE web

トップ下で躍動した香川、輝きを放って米メディア採点10点満点中8点

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は現地時間11日の敵地ヘルタ・ベルリン戦で公式戦10試合ぶりのスタメンフル出場を果たし、さらに約3カ月ぶりとなる今季2アシスト目を記録した。チームは1-2で惜敗したが、米メディアでもキレのある動きを見せた背番号23は高評価を受けている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 香川は試合開始早々の2分にMFカストロからの浮き球パスを巧みにコントロールすると、左サイドを駆け上がったFWシュールレにスルーパスをピタリと合わせた。シュートはゴール右へ外れたが、この試合最初の決定機を演出した。ピッチ中央でDF3人に囲まれながらも巧みなステップで中央突破した前半28分のプレーや、キレのあるワンタッチでのターンでペナルティーエリア内へ侵入した同38分のプレーなど序盤から随所で“らしさ”溢れるプレーを見せた。

 後半10分にはエリア内でのボール保持からタメを作り、オーバメヤンへの優しいラストパスで一時同点とするゴールをアシストした。チームは後半26分にヘルタDFプラッテンハルトに強烈な直接FKを叩き込まれてリーグ4試合ぶりの黒星を喫したが、ドルトムントの中で最も輝きを放ったのはトップ下で躍動した香川だった。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の採点では香川は10点満点中の8点。寸評では「この試合は、フリンジ・プレーヤー(メンバー入り当落線上の選手)にとってはその価値を証明するためのものだった。シンジ・カガワはお気に入りの10番ポジションでそれを確実に成し遂げた」と、レギュラー奪取に向けたアピールに成功したと記されている。

「彼は回転してマーカーを置き去りにし、狭いところへクレバーなパスを通した。彼にとってドルトムントにおけるかなりいいゲームの一つ。オーバメヤンのゴールをアシストした」

独紙も香川をチームトップやトップタイ評価

 独紙「ビルト」や独地元紙「ルールナハリヒテン」、「WAZ」ではいずれもチームトップ、あるいはトップタイとなる2点(ドイツの採点は1が最高、6が採点)が与えられるなど、香川は絶大な存在感を示した。今季レギュラーから外されていたが、6度目のスタメン入りで意地を見せた。

 香川のお膳立てから今季22点目を決めたオーバメヤンがチーム2位の7点。MFヴァイグル、MFカストロ、DFバルトラが6点で続いた。敗れたことで採点は辛めで、先制点につながる痛恨のミスを犯したDFギンターと、決定機を決めきれなかったシュールレがワーストタイの3点。ゲレイロら残りの4選手も5点と今一つの評価となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/12(日) 11:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新