ここから本文です

闘志溢れる長谷部のプレーにドイツ王者も感銘 名門バイエルンが「偉大な献身」と異例の賛辞

3/12(日) 12:00配信

Football ZONE web

バイエルン公式ツイッターで「マコト、快気を祈ります」とメッセージ

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は現地時間11日の敵地バイエルン・ミュンヘン戦(0-3)で相手のドイツ代表FWトーマス・ミュラーのループシュートをクリアした際、ゴールポストに激突するアクシデントで負傷交代となった。バイエルンは公式ツイッターで闘志溢れる長谷部のプレーを「偉大な献身」と異例の賛辞を送っている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 フランクフルトは0-2とすでに2点のビハインドを背負っていた後半3分、長谷部が大和魂を見せた。ミュラーが飛び出したGKルーカス・フラデツキーの頭上を抜くループシュートを放ち、カバーに入った長谷部が猛ダッシュ。ゴールラインを割るギリギリのところでボールを掻き出したが、そのままゴールポストに激突。右足の膝辺りを打ち付けると、顔を歪めてピッチにうずくまった。

 身体を張ったプレーでゴールを防いだリベロの気迫に、ドイツの絶対王者も感銘を受けていた。

 バイエルン英語版の公式ツイッターは「マコト、快気を祈ります。彼は偉大な献身を見せた。たとえ、それがミュラーのゴールを阻んだとしても、だ」とメッセージ。エースの華麗なループを阻んだ相手のファインプレーを称えている。ゲルマン魂と呼ばれる鋼鉄の精神力を誇るドイツ人にとっても、心を打つプレーだったようだ。

フランクフルト公式ツイッターで感謝の返信

 フランクフルトの英語版公式ツイッターもバイエルンからの異例のエールに「フェアプレー」と感謝の返信を送っている。

 長谷部は治療を終えてすぐにプレーに復帰したものの、同19分に足を引きずりながらDFマルコ・ルスとの交代でピッチを後にした。脛の裂傷により病院で縫合治療を受けることになった長谷部だが、魂のクリアは世界屈指の名門をも感動させたようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/12(日) 12:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新