ここから本文です

【よくわかる講座:人材紹介】人材紹介利用の「メリット」

3/13(月) 7:30配信

日本の人事部

(1)求人企業のメリット

●ニーズに適した人材の確保など、さまざまなメリットが

ハローワークなど、無料で利用できる手段が他にあるにもかかわらず、企業が一定のサービスフィーを払ってまで人材紹介を利用するメリットは何なのか。求人企業におけるメリットには、以下のような点がある。


【求人企業のメリット】
<ニーズに適した人材の確保>
人材紹介会社に対して、自社でどのような人材が必要であり、どのような条件(待遇)で採用するかを依頼すれば、条件に適合した候補者がリストアップされ、その中から選考することができる。一方、ハローワークなど公共職業紹介機関は、そもそも求人企業側の個々のニーズに応えることを優先していない。また、募集媒体は求人情報を掲載するのみで、適材の応募を保証するわけでない。一定のコストはかかるが、人材紹介を利用することによって、確実に適材を採用することができる。

<募集コストと労力の削減>
人材紹介では、求人条件に合致した候補者だけを絞り込んで紹介してもらえる。それに対して公募の場合、求人票の作成をはじめ、一次スクリーニング、候補者との連絡業務、給与などの条件交渉、内定後のフォロー、不採用通知・応募書類の返送といったさまざまな採用関連実務を自社で行わなければならない。それら実務を人材紹介会社が代行してくれるため、募集に要するコストと労力の削減ができる。

<迅速、柔軟な採用が可能>
急な欠員が生じたり、人材の確保が必要となった時、通常の募集方法によるやり方では必要とする時期に間に合わない、あるいは適材が確保できない場合がある。また、新規事業・新商品開発のために、非公開で求人をしなければならないような場合もある。このようなケースでは、必要な時にそのニーズを人材紹介会社に伝えることによって、迅速、かつ柔軟に対応してもらうことができる。

<採用確定時のみ料金が発生>
人材紹介会社の料金体系は、採用に成功した場合のみ料金が発生する「成功報酬型」が一般的となっている。そのため、最終的に入社しなければ、手数料を請求されることはない。求人企業にとって、非常にリーズナブルな料金体系と言える。一方、募集媒体を利用すれば採否の結果に関係なく、募集した時点で料金が発生する。また、適材が応募しない場合には追加募集することも多く、その都度、料金が発生することになる。

<採用した人材の定着の良さ>
人材紹介会社は、求人企業での職場適性も含めて、適材であるかどうかを独自に判断し、人材を紹介する。また、意識改革が必要となる人材に対しては、研修や助言を行う。さらに、紹介した人材が早期退職となれば、手数料を返還することになる。このような背景から、人材紹介によって採用した人材の定着率は一般的に高いと言われている。

1/2ページ

最終更新:3/13(月) 7:30
日本の人事部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日本の人事部

株式会社アイ・キュー

毎週更新

無料

日本最大のHRネットワーク。企業研修、採用
、評価、労務などのナレッジコミュニティと
して、イベントや雑誌などと連動しながら
「人・組織」に関する課題解決をサポート。