ここから本文です

ハリル監督が古巣PSGの悲劇に「理解困難」と同情 一方で自信過剰の精神面を敗因に指摘

3/13(月) 8:40配信

Football ZONE web

03年から05年までPSGを率いたハリル監督 「この敗北は簡単には癒えないトラウマ」

 バルセロナは現地時間8日のUEFAチャンピオンズリーグ16強パリ・サンジェルマン(PSG)との本拠地第2戦で、第1戦の0-4大敗をひっくり返す奇跡の6-1勝利で8強進出を決めた。サッカー史上に残る逆転劇について、かつてPSGを率いた日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は「カンプ・ノウで起こったことは私には理解困難だ」と茫然自失となった一方、自信過剰などの精神面を敗因として指摘している。FIFA公式サイトで語った。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 2015年から日本代表を率いるハリル監督だが、2003年から05年までPSGを率いた経緯がある。サッカー史に刻まれた古巣の悲劇に同情の視線を送っていた。

「この敗北は今季のPSGに刻まれるだけではない。簡単には癒えないトラウマとなり、PSGを数世代に渡り苛むだろう」

 PSG本拠地パルク・デ・プランスでの第1戦では、ハイプレッシャーからカウンターが冴え渡り、4-0勝利を飾った。8強進出は確実視されていたPSGだったが、敵地カンプ・ノウでバルサの総攻撃に追い詰められ、試合終了までの7分間で3ゴールを叩き込まれて大逆転負けを喫した。

「PSGは精神的に準備ができていなかった」

 ハリル監督は「選手、コーチ、首脳陣は早く団結する必要がある。全員がリーグアンの優勝争いに集中するために全力を注がなければいけない。カンプ・ノウで起こったことは私には理解困難だ。もしかすると、PSGは精神的に準備ができていなかったのかもしれない。あまりに自信過剰だったのか、大失敗を恐れていたのか。しかし、私を信じてほしい。選手はこの失敗を忘れることはない」と語った。

 オイルマネーで欧州屈指の強豪に急成長したPSGだが、カンプ・ノウの惨劇は選手、サポーターの心に当分の間、刻まれることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/13(月) 8:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新