ここから本文です

医師は自分や家族ががんになった時、どんな治療をするのか?

@DIME 3/13(月) 11:30配信

 医者だって人間。どんなに気をつけていても、病気になることはある。しかし、もし医者ががんになったとき、私たちとは違う治療を受けるとしたら、あなたは何を思うだろうか? 怒り狂いたくなっても、まずは落ち着いて、その理由を知ろう。

『医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか』(アスコム)は、医者ががんになったときに選択する治療法を通して、自分に合った治療や自分に合った行き方を選択できるようにすることの大切さを考えさせる一冊である。

 がんのような生命に関わる病気の治療に関する書を読むたびに個人的に思うのが、患者も病気や治療法に関してある程度の知識が必要だということ。でないと、自分と合う医者、信頼できる医者かどうかが見抜くことができず、医者の治療方針を丸呑みせざるを得なくなることになりかねないからだ。知識がないばかりに、「自分には合わない」「信頼できない」と気づくのが遅れたら、不幸だと言わざるを得ない。自分の人生は最後まで自分で責任を持ちたいなら、このような事態に陥ることを望まないはずである。

 本書に込めた著者のメッセージは、「がんは生命や人生に関わる病気であり、医者任せにするものではない」。より良く生きるためには、病気との向き合い方に主体性が問われる。

■抗がん剤の限界

 がんの治療で思い浮かぶものといえば、化学療法(抗がん剤、ホルモン剤など)、外科手術、放射線療法の三大療法だろう。このうち抗がん剤については、驚くことに本書では、医者は自身や家族ががんになったとき、抗がん剤を使いたがらないという現実を指摘している。それは、抗がん剤ではがんは治らないと思っているためだ。

 医者である著者も、「抗がん剤で治せるがんは限られており、リバウンドなどの『限界』もあります、医者たちが『抗がん剤では、がんは治らない』と考えてしまうのも、仕方ないかもしれません」(第1章 p25)と、抗がん剤の限界を認めている。「なのに」というか「だから」というか、現実は、

「抗がん剤が実際に効くかどうかは、投与してみなければわかりません。それぞれの抗がん剤が、どのような人、どのような状態のがんに効くかがわかれば、抗がん剤の効果はもっと高くなるはずです。しかし現時点ではそれはわかっておらず、ある意味ではやみくもに抗がん剤を投与しているのです」(第1章 p23)

 といった具合。医者を全面的に信頼して治療を受け入れるのが怖くなり、背筋がゾッとしてくる。

■切られ損になることもある手術

 ならば、外科手術はどうかといえば、外科医も外科手術の限界を知っており、場合によっては自身や家族ががんになったとき、手術を拒否するケースがあるという。そのことを本書では事例で紹介しているが、怖いのは後遺症。次のように言及している。

「まず身体に傷が残りますし、がんの種類や進行状況によっては、せっかく手術をしても『がん細胞を取り残す』可能性があります。また手術や全身麻酔は患者さんの身体に大きな負担をかけ、体力を消耗させ、ストレスによって免疫力が低下するおそれがあります。肺炎や出血、縫合不全、肝臓・腎臓・心臓の障害、感染症などといった合併症や、後遺症のリスクも避けられません」(第2章 p64)

 がんと診断されたとき、日本では外科医ががん治療全体を担当することが多いことから、最初に外科手術をすすめられることが少なくない。しかし、後遺症からもわかるように、外科手術は必ずしもベストな選択ではなく、後遺症についても事前にすべて、丁寧に説明しているわけではない。

 また、手術が切られ損で終わることも。本書には、進行した咽頭がんの患者が、主治医から外科手術をすすめられて咽頭を全摘し、あとで化学療法の存在を知って後悔するというケースも少なくない、という記述があるが、このような切られ損は、患者のQOLを奪い不幸にするだけだ。

 切られ損を防ぐためには、著者は医者、患者それぞれに、すべきことがあると指摘する。それは次の通りだ。

「医者は、たとえ『外科手術の方が確実に治せる』『できるだけ切っておいた方が安心だ』と思ったとしても、ほかに可能性があるならば、きちんと患者さんにそれを提示し、メリットとデメリットを説明するべきです。
 また『切られ損』を防ぐためには、患者さんもセカンドオピニオンを受けるなりしてしっかり情報を集めたうえで、治療方法を選択した方がいいでしょう」(第2章 71ページ)

 医者は患者の病気を治すことに全力を挙げるが普通である。しかし、病気を治すには、患者も全力を挙げないとダメなのだ。家族の協力を得ながら、自分に合う医者や治療法を探す努力を惜しんではいけない。

■医者ががん患者になったら絶対拒否する治療法を患者にすすめる理由

 しかしながら疑問なのは、医者はなぜ、自身やその家族ががんになったときに絶対拒否するような治療法を、患者にはすすめること。この矛盾に対する答にたどり着くキーワードが、第3章で示されている、「病院経営」と「エクスキューズ医療」の2つである。

 がんに関わる手術、薬剤などの診療報酬点数が高めに設定されていることから、病院は手術を行なったり抗がん剤などを投与すればするほど儲かる。点数に反映されない手術の丁寧さ、患者さんの希望への寄り添い具合などは二の次になっている病院も少なくなく、何が何でも手術件数を増やすことに躍起になっているところもあるとのことだ。著者も、

「誰でも安く医療が受けられる日本の医療保険制度は、世界に誇れる優れたものです。しかし運用面ではいくつか問題を抱えており、それが『患者さんにとってメリットがない』『患者さんが望まない』治療が行われる、一つの要因になっているといえるでしょう」(第3章 93ページ)

 と憂う。患者に医療を提供し続けるには収益を上げなければならないが、営利に偏重するのは、患者のためにならない。病院経営はさじ加減が難しいことがわかる。

 一方、「エクスキューズ医療」とは著者オリジナルの言葉で、医者が自分を守るために患者やその家族への言い訳のために行なう医療を指す。あとで訴えられないようにしたり、問題が起こったときに責任を問われないようにするために、日本の医者は「診療ガイドライン」に従った治療しかしないケースがほとんど。そして、「エクスキューズ医療」には2つの弊害があるという。

 1つ目の弊害は、患者も一人の人間であるということを医者が忘れてしまうこと。「患者さんには一人ひとり個性があり、がんになった原因も体質も事情も、まったく違います。本来であれば、がんになった原因を探ってそれを取り除いたり、患者さんの価値観や希望に添った治療を行ったりするべきなのです。ところが、患者さんをみてガイドラインを参照するのではなく、がんという病気の進行度だけをみて、ガイドラインに患者さんをあてはめてしまう医者が、とても多いのです」(第3章 p100-101)と著者も指摘する。

 2つ目の弊害は、「診療ガイドライン」に書かれている治療以外に目を向けなくなること。ガイドラインでは、三大療法以外は「エビデンスレベルが低く、おすすめできない」とされていたり、まったく触れられていないこともある。これは患者からすると、個性や価値観に合う治療法があるかもしれないのに、それらを知る機会と提供される機会がないということを意味する。

 しかし、病院や医者、看護師に対して理不尽な要求を突きつけたり不満をぶつける「モンスターペイシェント」の問題もあり、医者が「エクスキューズ医療」に走らざるを得ない現状には、ある程度の理解は必要だ。患者がエクスキューズ医療を受けないようにするには、「医療訴訟を起こされるのではないか」という医者の不安を取り除くことを考えた方がいい。

 そのために著者がすすめるのが、念書を書くこと。「もし一般の患者さんが主治医の治療方針を受け入れることができず、自分で治療内容を選択したいと思った場合は、主治医に『たとえ何か問題が起こっても、先生にはご迷惑をおかけしません』とはっきり伝えるなり、ご家族の名前を明記した念書を書くなりすることをおすすめします」(第3章 p103)と強調する。念書を書くには覚悟が必要だが、同時に、病気や治療法に対する知識をある程度学び、これからどう生きて行きたいかということを明確にしていないとできない。よりよい医療を受けるには、患者にも求められることがあると理解した方がよさそうだ。

『医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか』
アスコム 刊/川嶋朗 著
1100円+税

文/大沢裕司

@DIME編集部

最終更新:3/13(月) 11:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年6月号
4月15日発売

定価600円

空前の鉄旅ブームがやってきた!
スマホ「全画面時代」の機種選び!
週末、自宅でできるお小遣い稼ぎ
「機能買い」の腕時計選び!