ここから本文です

海外下着ブランドが、56歳のモデルを起用した理由

3/13(月) 20:00配信

コスモポリタン

先月は米週刊誌の水着特集に63歳のモデルが登場したり、パリコレでは「ドリス・ヴァン・ノッテン」が30代~40代のモデルを多数キャスティングするなど、あらゆる年代の女性の美しさに、焦点を当てる動きが活発化している今。

【この記事のすべての写真】ランジェリーブランドに起用された56歳のモデル、マーシー・ブルワー

コスモポリタン アメリカ版によると、今度はニュージーランドのランジェリーブランド<Lonely>が、新広告キャンペーンで56歳のモデルを起用したのだとか。

抜擢されたのは、1980年代にロンドンでキャリアをスタートし、今も現役モデルとして活動するマーシー・ブルワーさん。

今回の広告への出演にあたり、マーシーさんは<Stuff.co.nz>に「美やファッションにおいての基準はまだまだ改革される必要がある」と語っているそう。

「美しさの基準は過去にも変わってきたし、今後も変わり続けるでしょう。だから、“現在の基準を変えられない“、ということは無いはずです。新たなる美しさの定義も、きっと見出されるのを待ちわびているはず。」
「私たちは今、年齢を重ねた女性たちの中に、驚くべき発見ができる時代に差し掛かっていると思うのです。みんながそれを認めないことには、すべての女性たちが、未来を楽しみに生きることができなくなってしまうんじゃないかしら。」

実は<Lonely>が美の意識改革に乗り出したのは今回が初めてではなく、昨年のキャンペーンでは、トランスジェンダーモデルを起用したり、様々な体型のモデルを採用したりもしてきたそう。ちなみに今回のマーシーさんの写真は、2017年秋冬キャンペーンのために撮影されたもの。

運動や美容に気をつかい、若々しさを保つのはとても素敵なことだけど、たぶんそれ以上に素敵なのは、「年齢をいくつ重ねても、“今“の自分を受け入れていくこと」――マーシーさんの写真を見ていると、どこからかそんなメッセージが聞こえてきそうです。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:3/13(月) 20:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。