ここから本文です

レアード3ランで「スシポーズ」を披露!NPB組躍動でメキシコがベネズエラをリード

3/13(月) 12:58配信

ベースボールチャンネル

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールDのベネズエラ代表対メキシコ代表が12日(日本時間13日)にメキシコのエスタディオ・チャロスにて行われ、5回表終了時点でメキシコがベネズエラを8対1でリードしている。

【WBC2017】プールDの順位表

 メキシコの先発は北海道日本ハムファイターズ所属のルイス・メンドーサ。2回の表に同じく北海道日本ハムファイターズ所属のブランドン・レアードが四球で出塁すると、東北楽天ゴールデンイーグルス所属のジャフェット・アマダーが右翼へ適時二塁打を放ち、メキシコが先制。さらに満塁とし、読売ジャイアンツ所属のルイス・クルーズが左翼へ犠飛を放ち、2点目を追加。NPB所属選手が躍動した前半戦となった。
 
 メキシコはさらにランナーを2人置いた状況で、1番・キロスがフルカウントから右中間スタンドに3ラン本塁打。ベネズエラを序盤で突き放す。

 5回にはレアードが左翼に3ラン本塁打を放ち、「スシポーズ」をルイス・クルーズと共に披露。世界にスシのパフォーマンスを見せつけた。

 先発のメンドーサは3回に1失点を喫するも、少ない球数でメジャーリーガーを多く揃えたベネズエラ打線を抑える快投を披露。4回を52球、2安打、2奪三振、1失点に抑えている。

ベースボールチャンネル編集部