ここから本文です

エース負傷で韓国代表FWに期待するトッテナム監督。次節“日韓対決”の可能性

3/13(月) 10:00配信

フットボールチャンネル

 トッテナムのFWハリー・ケインが負傷した。だが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、FWソン・フンミンに代役が務まると信じている。英メディア『スカイ・スポーツ』が、同指揮官のコメントを伝えた。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 トッテナムは現地時間12日、FAカップ準々決勝で3部のミルウォールをホームに迎え、6-0で大勝した。だが、2月のプレミアリーグ月間最優秀選手に選ばれたケインは開始10分で負傷交代している。足首を痛めた同選手のコンディションの詳細はまだ分からないが、指揮官はこの試合でハットトリックを達成したソン・フンミンを信頼している。

 ポチェッティーノ監督は試合後、「ハリー・ケインは我々のメインストライカーで、イングランドでベストの一人だ。ただ、わめいたりすることはできない。ポジティブに捉えることが大事だ。我々には代役を務めて、試合に勝とうとするための選手がいる」とコメント。「我々は全ての試合に勝ちたい。私は全試合で11人を選ばなければいけない。ソンにはとても満足だ。彼はストライカーの役割をこなせるね」と話した。

 FAカップで準決勝に進んだトッテナムは、プレミアリーグでも2位の好位置につけている。ケインの離脱は大きな痛手だが、ここで調子を落とすことはできない。

 トッテナムはプレミアリーグ次節でサウサンプトンと対戦する。サウサンプトンのDF吉田麻也とソン・フンミンの“日韓対決”があるかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)