ここから本文です

バイエルンが“お得意様”アーセナルから技巧派MFを獲得? 元監督が来季補強候補と断言

3/13(月) 19:30配信

Football ZONE web

司令塔の後継者としてジャカ獲得に照準と、ヒッツフェルト元監督が語る

 ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンは、UEFAチャンピオンズリーグ16強でアーセナル相手にホームとアウェーでともに5-1という圧倒的な快勝を収め、ベスト8進出を決めた。格の違いを見せつけたなか、その“お得意様”に来季補強候補が存在するという。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 アーセナルに悪夢を見せつけたバイエルンは今季もブンデスリーガ首位を独走し、DFBポカールも4強に進出。盤石の強さを見せつけ、三冠獲得の可能性を残している。

 攻守に隙のないバイエルンだが、アーセナルに常勝軍団を強化できる来季補強候補が存在するという。ドイツ地元紙「ビルト」で、バイエルンなどでタイトルを積み上げたスイス人の名将オットマー・ヒッツフェルトがこう語った。

「バイエルンは間違いなくジャカを補強のレーダーに捕捉している。ジャカは常に、トップクラブの補強の議論に上がる存在だ。まだ彼の成長は終了していない」

 今季ボルシアMGから3500万ポンド(約48億円)の移籍金で加入したスイス代表MFグラニト・ジャカこそが、バイエルンの補強リストに挙がっている選手だという。元スペイン代表の司令塔MFシャビ・アロンソが今季限りでの現役引退を発表しており、ジャカはその後任候補のようだ。

気性が荒く“カードコレクター”の一面も

 ジャカは長短のパスを操る技巧派レフティーだが、危険なハードタックルと気性の荒さからカードコレクターの一面も持つ。アーセナルでの直近の出場した公式戦5試合でレッドカード1枚とイエローカード5枚を与えられるなど、司令塔はしばしばチームを危機に陥れている。

 名将カルロ・アンチェロッティ氏ならジャカの精神面を矯正し、ポテンシャルを引き出せるとバイエルンは考えているのだろうか。ジャカを獲得したアーセン・ベンゲル監督は、今季限りで退任する可能性が浮上している。果たして、わずか1年でブンデスリーガへUターンするのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/13(月) 19:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新