ここから本文です

天然か苦労知らずか?…広瀬すずはなぜ“炎上”してしまうのか〈dot.〉

dot. 3/14(火) 11:30配信

 女優の広瀬すず(18)が3月8日、自身のブログで先日行われた「第40回日本アカデミー賞」授賞式を振り返ると同時に、高校を卒業したことを報告した。

 主演作『ちはやふる―上の句―』で優秀主演女優賞に、『怒り』では優秀助演女優賞を受賞するも、最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞には選ばれなかった広瀬。公式ブログで「こんな夢みたいなことが起きるとは人生何があるかわからないですね」とノミネートを喜びつつ、「今までにない悔しいという感情に出逢ったような気がします」と心境を吐露した。さらに、アカデミー賞と卒業式で多忙だった3月3日について、「卒業式も10分だけしか出れなくて速攻アカデミー賞に行ったの」「それがまた贅沢なバタバタ感で好きでした」と綴った。

 一昨年、「どうして生まれてから大人になった時に、照明さんになろうと思ったんだろう?」という、スタッフ軽視発言で大炎上して以降、何かと叩かれがちな広瀬。今回のブログについても、ネット上では「さりげなく自慢ですか」と辛辣な声が……。もちろん彼女の言動に悪気はないと思うのだが、何故そこまで批判が集まってしまうのだろうか?

「基本的には天然系で、思ったことを言ってしまう性格にあると思います。例えば、バラエティー番組でコインランドリーを占領する主婦が取り上げられると、『家に洗濯機買えばいいのに』とコメントし、視聴者から『貧乏人を見下してる?』と批判が起こったこともありました。他にも、自身のツイッターで宣伝ツイートの数分後に『あ。台風気をつけて下さい』とつぶやき、『被害に遭った方にそのツイート送れます?』『ついで? 失礼だよ』『人ごとですね』と叩かれたこともありました」(週刊誌記者)

 一方、天然な性格によるひと味違った“炎上騒ぎ”も最近あったそうだ。

「2月にトーク番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、『オトナの女性に変身』という企画でピンヒールを履いたのです。『ピンヒールをほぼ履いたことがない』と困りながらもヨロヨロと歩いた。これに視聴者は『頑張って歩く姿がかわいい』と大絶賛。が、その後、広瀬が2016年10月に出演したファッションイベントでピンヒールを履いて颯爽と歩く動画が話題になり、『騙された!』と炎上。ヨロヨロ歩いたのは番組を盛り上げるためのサービスだと思いますが、さすがにこの一連の言動は『計算高い』と思われてしまっても仕方ありませんよね」(同)

1/2ページ

最終更新:3/14(火) 17:59

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

Yahoo!ニュースからのお知らせ