ここから本文です

岡田将生主演「ゆとりですがなにか」続編放送決定!ですがなにか?

3/14(火) 18:09配信

ザテレビジョン

2016年4月~6月に放送され若年層を中心に話題となった「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)がこの夏、スペシャルドラマとして復活することがわかった。

同作は脚本を宮藤官九郎、主演を岡田将生が務めた社会派コメディードラマ。“ゆとり世代”が日々七転八倒しながらも前向きに生きる姿を描くと共に、松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラなど若手実力派キャストが集結したことで、若い世代の視聴者からの支持を得ていた。

2017年夏に放送される「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」では、連続ドラマの物語から1年後を舞台に正和(岡田)をはじめとする“ゆとり”たちのたくましく成長した姿を描く。

主演の岡田は「今回スペシャルドラマが決まりました。本当にこんなうれしいことはありません。自分の道筋を迷いながら探している正和(岡田)、山路(松坂)、まりぶ(柳楽)の3人を、そして茜ちゃん(安藤)をまた見ていただきたいですし、本当に僕自身が正和を演じることが何よりうれしいです。桃李くん、柳楽くん、安藤さんとは、このドラマが終わっても繋がりができていて、またドラマの続きができるという話を聞いたときは、4人で本当に喜びました。ゆとり世代の力を見せつけられるように頑張りたいです!」と続編の放送を喜んだ。

また、同作で「芸術選奨 放送部門 文部科学大臣賞」を3月14日に受賞した宮藤も「続編というのは苦手なのですが、彼らのような定点観測に向いているキャラクターならば、時々思い出してみるのも悪くないかなと思い、さしあたって1年後の彼らの成長や後退を描こうと思っています」と続編への思いを語った。

最終更新:3/18(土) 13:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)