ここから本文です

高カロリー!? ハンバーグに添えるパスタは残すべきなのか

3/14(火) 7:00配信

オトナンサー

 市販のお弁当で、唐揚げやハンバーグなどのメインディッシュに添えられる「パスタ」。薄味の白いものもあれば、赤いナポリタン風のものもありますが、あなたは毎回、食べていますか、それとも脂分などを気にして残していますか。

【写真】こんな形も! 種類豊富なショートパスタ

 しかしそもそも、メインディッシュにパスタが添えられる理由は何でしょうか。そして、脂分と糖質のカロリーを気にする人は食べ残すべきなのでしょうか。料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに取材しました。

彩り鮮やかに、ボリューム感もアップ

 関口さんによると、唐揚げやハンバーグにパスタが添えられるのは、洋食屋がメニューにある材料を使って付け合わせを作ることから始まった可能性が高いそうです。「肉料理以外でも、魚のフライやソテーなどにパスタを添えることがあります。お弁当はその延長ではないでしょうか」。

 パスタを添えるメリットとしては、彩りが鮮やかになることやボリューム感が増すこと、さらにコスト抑制につながることが考えられるそうです。

 しかし、実際に食べる側からすると、気になるのがカロリーですね。パスタは、肉料理の脂分を吸収していないのでしょうか。

「パスタは水分こそ吸収しても、脂分は吸着するだけでそれほど吸収していないと思われます。ただし、ひも状に絡み合っている場合、液体がたまりやすくはなるでしょう」

カロリーは、それほど高くない?

 パスタのカロリーは当然、肉の量と部位によっても変化しますが、関口さんによると、油小さじ1杯は通常36キロカロリーほど。「思っているほど高くはありません。少しギラついた脂を気にして避けるくらいなら、おいしく食べた後、多めに歩けば問題ありません。糖質と脂質の組み合わせはあまりオススメできませんが、活動量の多い人や、今日はカロリーを気にせず食べようと思う時は、おいしく完食しましょう」。

 逆に、食べ残すことがためらわれる人は、自分の健康を第一に考えて「割り切って残すのもよいでしょう」。

オトナンサー編集部

最終更新:3/14(火) 18:52
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。