ここから本文です

一人旅で、人と出会い、仲良くなる方法

3/14(火) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

一人旅には良いことがたくさんあります。好きなときに、好きなことができて、世界と自分を新しい視点から見つめ直すことができます。誰の影響も受けずに、エキサイティングでマインドフルな旅を満喫できます。しかし、旅に出てしばらくすると、思いついたアイデアや、おもしろい発見を語り合う相手もおらず、独り言をつぶやきながらご飯を食べる自分がいる。これは本当に淋しい。

【旅の様子がわかる画像付記事はコチラ】

この記事はFY!Sに投稿されたものです。

2015年の後半、アジアを9カ月間、1人で旅をしてまわりました。最初は1人で旅をすることにスリルと興奮を感じていました。あちこちの公園でポケモンGoをしたり、回転寿司で何皿食べられるか挑戦したり、気まぐれに街をぶらぶらすることが楽しくてしかたがありませんでした。しかし、一人旅には不利な点もあります。1人では食べ切れないと思って食べたいものを我慢したり、ファミリーレストランに入ることを恥ずかしく思ったりしました。また、場所によっては1人では危険だと思って行くのをあきらめました。一人旅も楽しいとはいえ、旅先でしたさまざまな体験を、1人、あるいは2人の同伴者とシェアできればどんなにいいかと思いはじめるまでに、それほど時間はかかりませんでした。

一人旅の孤独と戦うために、私は単純に、人と出会えるような環境に自分を置いてみようと思うようになりました。そうして、さまざまなリソースを使いながら、世界各地の旧友や新しい友人たちと会合し、楽しく時間を過ごしてきたのです。昔からの友人もいましたが、多くは旅の途中で知り合った人たちです。旅から帰った後でも連絡をとっている人もたくさんいます。

人と出会うには、自分から話しかけなければならない

ここから、旅行中に人と知り合いになるやり方をお話しますが、知らない人に話しかけることに対するハードルが、私とあなたではかなり違っているかもしれません。もしあなたがシャイな人間なら、これから紹介するアプローチを簡単には実践できないかと思います。でも、それでいいのです。シャイは悪いことではありません。むしろ、旅先で人と出会いたいという欲求をうまく使って、知らない人に話しかける勇気を身につけようと考えてください。

知らない人に話しかけるのは恐ろしいことです。でも、思い切って行動して、大失敗したとしても、それが何でしょう? 相手はそもそも知らなかった人です。本当の意味で失うものなど何もありません。

必要なのは、少しばかりの勇気です。痛い目にあう結末を幾通りも想像できるかもしれませんが、あなたが旅行者として素直な気持ちで話しかければ、たいていの人は、同じように素直に応じてくれます。もし、応じてくれないなら、その人は知り合うべき相手ではないのです。また、話しかけた相手がすべて良い友人になる必要はないことも覚えておきましょう。

これからあなたは知らない人にたくさん話しかけねばなりません。最悪の場合、無視されるか、つっけんどんな態度をとられることもあるでしょう。でも、気にすることはありません。これは本当のことですが、たいてい、そういう人はあなたのことなど2時間以内に忘れてしまいます。

1/8ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。