ここから本文です

チェルシー監督がマンUの“アザール潰し”に憤怒 「こんなのが戦術とは…」とモウリーニョ批判

3/14(火) 20:18配信

Football ZONE web

FA杯準々決勝で1-0と勝利も、エースに対するラフなプレーを非難

 チェルシーは13日のFA杯準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドを1-0で撃破したが、アントニオ・コンテ監督はエースのベルギー代表MFエデン・アザールを封じるために、敵将ジョゼ・モウリーニョが選んだ戦術を批判している。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 試合後、イタリアの闘将は憤りを隠そうとしなかった。

「私の見解はこうだ。彼らはフットボールをしようとしていた。私の選手もフットボールをしたがっていた。20、25分の間、エデン・アザールはフットボールをできなかった。私は彼があまりに多くの蹴りを入れられるのを見ていた。だが、私はクレイジーなことを言っているとは思わない。彼はそういう状況に追い込まれているのが見えた。25分間、フットボールできなかった。ただただ蹴られた」

 指揮官はこう語った。鋭いドリブル突破を武器とするアザールを食い止めるために、モウリーニョ監督が選んだ「アザール削り」という野蛮な戦略を批判した。

「彼は相手に蹴られて試合開始となり、蹴られて試合が終わった。誰もそんなことが起きていないとは言わせない。これがユナイテッドの戦術なのか?私には分からない。プレーをするために相手を削るという戦術は存在しない。個人的にはフットボールではない」

試合中にはベンチ前でモウリーニョ監督と衝突

 ユナイテッドMFアンデル・エレーラは、アザールへのファウルで退場処分を受けた。憤怒のコンテ監督はタッチラインの外でモウリーニョ監督と衝突し、審判に引き離される一幕もあった。

「こんなのが戦術になるとは考えられない。これは事実だ。誰もがこれを目撃した。偉大な才能を持った選手と対峙する時には、そういう選手を脅迫しようとする。レフェリーはこのタイプの選手を守らなければいけない」

 エースを失えば、現在首位を独走するプレミアリーグ優勝も叶わなくなる。イタリア人監督は、“アザール潰し”に出たモウリーニョ・ユナイテッドに怒りを向けていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/14(火) 20:18
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新