ここから本文です

【ブンデス日本人の現地評】好プレー連発の香川に「唯一の光明」、負傷で途中交代の長谷部は守備面で評価 etc.

3/14(火) 4:39配信

SOCCER DIGEST Web

ドルトムントのSDも称賛したリーガ7試合ぶり先発出場の香川。

 ブンデスリーガ第24節のヘルタ・ベルリン対ドルトムントでは、原口と香川の両選手が先発したことで、日本人対決が実現した。
 
 リーグ戦7試合ぶりの先発となった香川は1アシストを記録したが、試合はホームのヘルタが2-1で勝利している。
 
 香川に対し、『キッカー』の採点はチーム最高点タイながら3点にとどまったものの、『ビルト』は2点(チーム単独最高点となる)をつけ、「シンジのプレーは非常に良かった」というツォルクSDによる称賛コメントを紹介した。
 
 また、「香川はベルリンで唯一の光明だった」という見出しで記事を掲載した地元紙『WAZ』も、同じくチーム単独最高点となる2点をつけ、以下のような寸評を掲載している。
 
「ドルトムントの攻撃的な選手では、最高だった。芸術的なトラップと正確なパスでシュールレのチャンスを演出し、チームの良かったシーンの、ほぼ全てに絡んだ。オーバメヤンの同点ゴールをアシストしたのも納得だった」
 
 一方、右MFとして先発し、94分まで出場したヘルタの原口には及第点の評価。『ビルト』、『キッカー』ともに、採点は3点だった。
 
 17位のインゴルシュタットに2-2で引き分けたケルンは、これでリーグ戦5試合勝利なし。3トップの右として先発フル出場を果たした大迫は、先制点に繋がるPK(モデストが決めた)を獲得したが、『ビルト』が3点、『キッカー』は3.5点と、評価は伸び悩んだ。
 
 地元紙『エクスプレス』は、「コーエンに倒されてPK! しかし、いつものようにはボールをキープできなかった」と、PK獲得は評価したものの、それ以外の部分での物足りなさを指摘し、4点をつけた。
 
 バイエルンに0-3で敗れたフランクフルトも、リーグ戦5連敗と苦しい状況。長谷部はリベロとして先発するも、ライン上で相手のシュートをクリアした際に左足がポストに激突し、6針縫うケガを負って途中交代を余儀なくされた。
 
 3点をつけた『ビルト』は、「30分は守備陣をうまくオーガナイズした。ミュラーのループシュートを防いだ際に彼が傷んだのは驚きだった。D・コスタに2失点目を許したシーンでは、あまりにも離れすぎていた」と記述。『キッカー』の採点は4.5点だった。

1/2ページ

最終更新:3/14(火) 4:46
SOCCER DIGEST Web