ここから本文です

グンマーヒロインの馬場ふみか「だんだん群馬に愛情が湧いてきました」

3/15(水) 6:00配信

ザテレビジョン

日本テレビで放送中のご当地青春ラブコメディードラマ「お前はまだグンマを知らない」(毎週月曜夜0.59-1.29)。“群馬あるある”を圧倒的熱量で描く同作は、井田ヒロト原作の同名漫画を間宮祥太朗主演で実写化した作品だ。以前よりインターネット上では群馬を“未開の地”“日本最後の秘境”などと独特な目線でいじっており、ドラマ化に当たってさらに盛り上がりを見せている。

【写真を見る】だるまを抱えた馬場ふみかが見られるのはザテレビジョンだけ!

そんな同作のヒロイン・篠岡京役として登場する馬場ふみかに作品の魅力を聞いた。

――京はどんな女の子?

“グンマ―(作中で使われる群馬県民の名称)”としての英才教育を受けてきた、“グンマ―のかがみ”のような女の子。登場するキャラクターの中で、最もグンマ愛にあふれた子なんですが、男の子にはちょっと冷たくて、あまり興味がないキャラです。

京ちゃんは、原作では結構エロいんですよね(笑)。でも初めて監督と役について話をした時に「ドラマでは漫画を気にしないで役作りしていいよ」と言われたので、原作には引っ張られないように意識しています。神月(間宮)くんの妄想シーンでは、漫画のエロい部分を思い出しながらやっていますけど(笑)。

――現実の京と、神月の妄想上での京は振り幅がすごいですよね?

極端に現実と妄想が違うので、演じていて楽しいですね。普段の京ちゃんだったら絶対しないということを、妄想シーンではできるので。

――馬場さんご自身と近いのはどちらですか?

普段の京ちゃんの方が近いですね。私は言葉使いとか、しゃべり方があまり柔らかい方ではないので…マネジャーさんからも言われますが(笑)。ただ、今回は監督さんからは「(馬場さんの)低い声がいい」と言っていただいたので、それも含めていつもの京ちゃんの方が自分的には近いのかなとは思っています。

――今作は群馬県について描かれますが、以前までの群馬に対する印象は?

実は、全然群馬のことを知らなくて…。「グンマって何があるんだろう、山ぐらいかな?」ぐらいの知識しかなかったんです。出身の新潟とは隣同士なんですけどね(笑)。

――ドラマの肝でもある“グンマあるある”については?

学校のあいさつで「起立・注目・礼」とあるんですが、「『注目』ってなんだ?」って衝撃的でしたね。グンマの人たちはそれが全国共通だと思っていることにもビックリして。あったとしても「起立・気をつけ・礼」ですよね、新潟でも起立・礼・着席でした。

それと、初日はグンマで撮影したのですが、漫画にある通りずっと強風だったのが印象に残っています。「この風本当なんだな」と、グンマあるあるを体感できました。

――作品を通してグンマは好きになれそうですか?

好きになりそうです! これだけ「群馬のことが好き」というせりふがあって、群馬の知識を増やしたら愛着というか群馬に対して愛情が湧いてきました(笑)。焼きまんじゅうなど群馬の名産もまだまだ食べられていないので、ぜひ食べたいです!

――出身の新潟に対する思いは?

新潟に対する愛もすごいですよ。私的には、新潟が一番住みやすい場所だと思っていて。地元だからというのが大きい部分もありますが、街があって、近くに海もあって、山もある。すごく四季がはっきりしている場所なんです。ご飯もお米やお魚がおいしいので、食事でも四季を感じられますからね。

――共演している間宮さんについては?

共演は2回目なんですが、相変わらず表情の使い方がうまくてお芝居が上手な方だなって。だから、一緒にお芝居していて楽しいと思う同時に、学ばないといけないなとも思っています。

この現場は特に、皆さんのキャラクターが濃いんです。圧倒される部分もありますが、「自分も負けないようにしないと!」と、もっともっと食い掛かっていけるような強い芝居をしたいです。

――神月の表情は豊かで面白いですよね?

テストでは笑いをこらえるのに必死です。現場で一番笑っているのは監督ですけどね(笑)。でも、そういう笑いの部分が現場の雰囲気をすごく良くしてくれるので、毎日現場に来るのが楽しみなんです。

――今作の他、4月からは別のドラマにも出演されますね?

昨年はグラビアの仕事を通して「馬場ふみか」という名前を皆さんに知っていただいたと思います。元々「女優になっていきたい」という気持ちがずっとあるので、今年は女優としての顔もたくさんの方にお届けできる1年にしたいです!

――そのために挑戦したい役は?

「なんでもどんと来い!」という感じで、何でもやりたいです。今までいくつかの作品に出演させていただいていますが、普通じゃない女の子の役が多かったので、変わった役でもあまり抵抗はなくて。怪物役はもちろん、金髪のギャルとか、殺し屋とか、プロレスラーでもなんでもやりたいです。いろいろな役を演じて、いろいろなものを身に付けていきたいですね。

――女優としての仕事は、モデルやグラビアでは得られないものはありますか?

すごくたまに、本当にまれなんですが、自分と演じるキャラが完全に重なる瞬間があるんです。ファッと、役が一気に自分に入ってきて、「え? すごい!」と感じる瞬間があって、もっと多くの役でそう感じられるようにしたいなと。これは他の仕事では得られない感覚です。

――最後に視聴者へメッセージをお願いします。

原作の持つ圧倒的な熱量をキャスト・スタッフ一丸となってさらに熱いものにしているので、群馬の良さをあらためて皆さんに実感にしていただける作品になっていると思います!

最終更新:3/28(火) 13:08
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)