ここから本文です

永谷園初のコールド缶!「ビアードパパの飲むシュークリーム」

東京ウォーカー 3/15(水) 15:54配信

シュークリームをドリンクで飲める。

株式会社永谷園は、初めてとなる缶タイプのコールド飲料「ビアードパパの飲むシュークリーム」(税別130円)を3月21日(火)から、株式会社JR東日本ウォータービジネスが運営するエキナカ自販機acure<アキュア>の一部にて先行発売する。4月24日(月)からは、全国で発売する。

【写真を見る】塩分・ミネラルが補給できるお茶づけの素「冷やし塩すだち茶づけ」(税別238円)

永谷園グループの株式会社 麦の穂が運営する、店舗で手作りするシュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」のシュークリームをイメージした同ドリンク。

永谷園はこれまで、缶飲料としては、2008年発売の「『冷え知らず』さんの生姜チャイ」、2015年発売の「1本でしじみ70個分のちから 缶みそ汁」と、秋冬限定のホット缶飲料を発売してきた。今回は初となるコールド飲料として、永谷園グループである「ビアードパパ」ブランドの缶飲料を開発。なお、永谷園が同ブランドを発売することも初の試みとなっている。

缶飲料のスイーツ系ラインアップは、意外に男性の支持が高いというデータもあり、今回のターゲットは男性。小腹がすいたとき、甘いもので一息つきたいときに、ひんやり甘く癒される味わいに仕上げられた。

「ビアードパパ」のシュークリームで使われている人気のクリームを忠実に再現。サラリとしていながら、シュークリームのクリームのようなコクと甘さが楽しめる味わいとなっている。

手軽におやつ感覚で飲める缶飲料として、「ビアードパパ」で人気の味わいを飲んでみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:3/15(水) 15:54

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

大好き♥︎ディズニー
東京&世界のディズニー
パーク最新情報を大特集!
GWにしたい50体験