ここから本文です

森友学園だけじゃない! 安倍首相&アッキーの友達割は100%オフ

週刊女性PRIME 3/15(水) 18:00配信

「自民党のベテラン議員から“野党として徹底的に追及してほしい”と封筒に入れた分厚い資料をいただきました。森友学園問題よりも、もっと安倍政権を直撃する問題がこれから出てきます。(中略)今度も安倍昭恵さんが登場します。さらに大学の新設を認める文部科学省の当時の大臣は下村博文さん。安倍昭恵さんのメッセージの下に、下村さんの奥さんのメッセージまで写真入りで出ています」

【この記事のすべての写真を見る】

 そうスピーチして聴衆を釘づけにしたのは、民進党の有田芳生参院議員。東京・永田町の国会前で3日、安倍政権に反対する抗議行動があり、有田議員は「安倍政治の終わりを近く実現しようではありませんか」と締めくくった。

 大阪府豊中市の森友学園に続き、にわかに注目を集めているのが岡山市を本拠とする学校法人『加計学園』グループだ。同学園の運営する岡山理科大学は来春、愛媛県今治市に獣医学部を開校する。今治市はその学校用地として16・8ヘクタール、およそ36億5000万円相当の市有地を無償譲渡し、さらに校舎建設など施設整備費約192億円についても半額の96億円を公費から拠出するという。

 森友学園への国有地売却価格は大幅値下げされていたがこちらはタダ。さらに加計学園を牽引する加計孝太郎理事長は安倍首相が学生時代に米国留学したときのクラスメートで、いまもゴルフ仲間という旧知の間柄。一方的に信奉しているのとはわけが違う。

 地元・今治市選出の福田剛愛媛県議(民進党)は「不可解な点が多すぎる」と話す。

50億貯めましたと力説

「なぜタオルと造船の町に獣医学部なのか。なぜ岡山の大学が愛媛を選んだのか。なぜ土地の貸与ではなく無償譲渡なのか。獣医学部の新設が52年間なかったのは、日本獣医師会がずっと反対してきたから。地理的条件では、岡山市からしまなみ海道(西瀬戸自動車道)や瀬戸大橋を使って車で約3時間かかる。無償譲渡はこうしたハンデを上回る“うまみ”といえる」

 今治市の菅良二市長は昨年11月5日、地元選出の県議6人を市庁舎に呼んだ。

「市長は“覚悟を持って学園都市を成功させます。50億円貯めました”と力説した。加計学園の施設整備費への補助で足りない分を愛媛県から出してもらいたくて応援を頼みたかったようだ」(福田県議)

1/3ページ

最終更新:3/15(水) 18:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」3月28日号
/ 毎週火曜日発売

特別定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ