ここから本文です

レスターが2戦合計3-2でセビージャを破り逆転CL8強! 岡崎は2点目の起点となり公式戦3連勝に貢献

3/15(水) 6:55配信

Football ZONE web

ホームでの16強第2戦でセビージャに2-0と勝利

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、レスター対セビージャの第2戦が現地時間14日に行われ、2-0でレスターが勝利。2戦合計スコア3-2でレスターが準々決勝進出を決めた。日本代表FW岡崎慎司は先発出場して得点こそなかったものの、2点目のきっかけとなるシュートを放つなど精力的な動きを見せた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 第1戦は2-1でセビージャの勝利に終わった一戦、ラニエリ前監督を解任後、復調傾向にあるレスターは岡崎とFWヴァーディの2トップ、マフレズらが2列目に入る4-4-2システムを敷いた。対するセビージャは、MFナスリらをスタメンに据えて臨んできた。

 キックオフ直後、いきなりチャンスを迎えたのはセビージャ。前半4分にペナルティーエリア右に入り込んだナスリが、強烈な右足シュートを放つ。これはレスターGKシュマイケルがなんとか左手ではじき出した。

 いきなりピンチを迎えたレスターだが、岡崎の果敢なプレスを起点に高い位置でボールを奪うシーンが目立ち始める。すると同26分、ヴァーディが得たペナルティーエリアやや外の直接FKで、マフレズが蹴ったボールはファーサイドのDFモーガンのもとへ。これを体ごと押し込んでレスターが1-0と先制。この時点での合計スコアは2-2ながら、アウェーゴールの差でレスターがリードを奪い、前半を折り返した。

岡崎のシュートのこぼれ球が2点目を導く

 後半に入って最初のチャンスは7分、セビージャMFエスクデロが約30メートルの距離から思い切りよく放ったロングシュートがクロスバーに弾かれる。しかしその直後の9分、レスターが追加点を挙げる。左からのスローインを受けた岡崎のシュートは相手にブロックされたものの、マフレズのクロスのこぼれ球がMFオルブライトンに渡ると、左足を振り抜く。このシュートがニアサイドを突き破り2-0とした。

 2点目を導いた岡崎は同18分にスリマニと交代。その際には本拠地キングパワー・スタジアムの観衆から大きな拍手を受けた。一方でセビージャのキーマンであるナスリは同28分にヴァーディと小競り合いを起こすと、この日2枚目の警告を受けて退場。セビージャにとっては大きな痛手となった。

 しかし同33分、セビージャは途中出場のMFビトロがレスター最終ラインの裏を取ると、飛び出してきたシュマイケルの足がかかったとされてPKの判定が下る。レスターにとって絶体絶命のピンチとなったが、シュマイケルはキッカーのエンゾンジのシュートを読み切ってセーブ。失点を許さなかった。

 結局タイムアップの瞬間まで集中力を切らさなかったレスターが、らしい戦いぶりを見せ、今季リーガで好調のセビージャを下した。昨季の奇跡のプレミア優勝から一転し、今季は残留争いを強いられているチームだが、クレイグ・シェイクスピア監督の下で公式戦3連勝。8強進出を果たしたCLの舞台で、奇跡を起こすことはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/15(水) 7:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新