ここから本文です

カジュアルバッグ最前線──リュックかジムバッグか

3/15(水) 11:47配信

GQ JAPAN

新たなバッグを手に入れる計画があるならリュックかジムバッグをプッシュしたい。老舗が本格的に取り組むようになってぐっと洗練されてきている。

【カジュアルバッグ最前線 その他アイテム画像】

装いがカジュアルにシフトして、バッグ業界が目をつけたのがリュックだった。上質な革を裁ち、ていねいに仕立てたリュックは従来のイメージを払拭、大人のワードローブにあってなんら不足ない佇まいを勝ち取った。各社出揃ったいまが食べごろだが、なかでもバリーは絶品。キュートなあしらいをふんだんにまぶしつつ、上品さも漂う。そのサジ加減は鮮やかだ。

初モノ好きのあなたにはジムバッグをすすめたい。スポーティなエッセンスを採り入れることができる点はリュックに同じだが、ジムバッグはそこに男らしさを上乗せする。大ぶりなバッグは旅行にも重宝するだろう。定番アイテムに位置づけるだけあって、コーチのそれはソツがない。

Photos: Toru Oshima Words: Kei Takegawa

最終更新:3/15(水) 11:47
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月24日発売

600円(税込)

『ベイビー・ドライバー』主演、アンセル・エルゴート登場/クルマが恋人の若者たち/10トップワールドニュース/三越ワールドウオッチフェア“明日”のヴィンテージ時計