ここから本文です

キューバ戦で決勝点の内川、打球を「捕ってくれ」と願った犠飛

3/15(水) 11:46配信

ベースボールチャンネル

 14日に行われたWBCの2次ラウンドの侍ジャパン対キューバ代表戦は8対5で勝利。2次ラウンドを2勝0敗とした侍ジャパンは、決勝ラウンド進出へ大きく前進した。この試合で、決勝点となる犠飛を放ったのが、ソフトバンクホークスの内川聖一だ。

【WBC2017】プールEの順位表

「スコアリングポジションに行ったら行くよと言われていたので、秋がああやって繋いでくれた時点で、勢いよく送り出してくれたので、気合で打席に入った」と語った内川。8回裏1死一三塁としたチャンスでの打席。準備は万端だった。

「本当に「捕ってくれ」と思った。あの場面で1点取るか取らないかっていう大事な場面だと思ったので、欲を言えばヒットで1点とれればよかったが、なんでもいいので1点という思いで(打席に)入った」とも語る。打撃好調の小林に代わっての代打。1点を取ることが確実に求められる打席で、プレッシャーもかかっただろうが、がむしゃらに得点を取りに行った結果の犠飛だ。

 侍ジャパンは、4大会連続の決勝ラウンド出場まであと一歩のところまで来た。準決勝で敗れた前回大会の悔しさを内川は忘れていない。

「前回大会での悔しい思いっていうのは自分でもどうにかしなければいけないと思っている。このチームで世界一になりたいという思いが、侍ジャパンとして結成された時点から強かったのでここまですごくいい雰囲気で来ている。

 何としても明日勝って負けなしで米国に行きたいなと思う」世界一に向け、侍ジャパン史上初の負けなしで米国に向かうために、15日のイスラエル戦に臨む。

ベースボールチャンネル編集部