ここから本文です

歴史的逆転劇くらったPSGの悲哀。屈辱、恥、大惨事…失望のフランスメディア

3/15(水) 10:00配信

フットボールチャンネル

 UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16でバルセロナと対戦したパリ・サンジェルマン(PSG)。1stレグでは4-0で完勝し準々決勝進出は確実と見られていたが、カンプ・ノウで行われた2ndレグでは衝撃的な逆転を許してしまった。この歴史的な「事件」を経た今、フランスは悲嘆にくれている。(取材・文:小川由紀子)

バルサ、奇跡の大逆転! 歴史的名勝負の決定的瞬間

言うなれば、まさに「カンプ・ノウの悲劇」

 2月14日のCLラウンド16、PSG対バルセロナの1stレグでPSGが4-0と快勝したあと、当コラムで『このバルサ戦の夜は、エメリはPSGの指揮官に着任して初めて、枕をいつもよりほんのすこし高くして眠れたのではないか、という気がする』と書いた。

 しかし、高くした分、落ちたショックは余計に大きくなってしまった。

 1stレグに苦戦したあとでの敗退なら傷口もまだ浅かったが、UEFAさえもが『かつて1stレグに4-0で勝利して次ラウンドに勝ち抜けなかったチームは0』などと”100%”説を銘打ったあとでのこの敗退は、ショックやダメージ、などという言葉では言い表せない。

 屈辱、恥、大惨事……フランスのメディアにはありとあらゆるネガティブな単語が並んだ。

 翌日のレキップ紙の見出しは、その、”言葉では表せないようなとんでもないこと”を意味する『INQUALIFIABLE』。これは1993年のW杯欧州予選最終戦でブルガリアに試合終了直前に決勝ゴールを入れられ、1-2で敗れて94年のアメリカ大会出場を逃した翌日の紙面と同じものだという。まさに言うなれば『カンプ・ノウの悲劇』だ。

 PSGの地元パリジャン紙の翌日の一面は、“バルサを破って準々決勝進出!”を派手に扱おうとしていた目論見が外れて急遽差し替えた、という感じがアリアリの、大統領候補マクロン氏の話題で、PSGの敗退についてはその横でひっそりと報じられていた。

 ……と、直後はサッカー史に残る大逆転劇についての悲喜こもごもが語られていたが、日が経つにつれ、次第にこの敗戦が意味することについて、冷静な分析がなされ始めている。

 まずは、この大失策がカタールのPSG構想に影響するのではないかという問題だ。

 試合翌日のレキップTVでも、視聴者アンケートの結果7割以上が「ある」と回答していた。エメリ監督の去就問題もその一部だが、カタールがPSGから撤退、ということもなくはないと多くの人が考えている。

 事実アル・ケライフィ会長は、試合の翌日カタールへ飛んだ。以前から決まっていた会合とのことだが、オーナーたちに持ち帰る手土産は予想とはまったく違うものになってしまったから、ミーティングの内容も当然変わるだろう。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)