ここから本文です

1点が奪えず…夢破れたセビージャの指揮官は「不当な結果だ」

3/15(水) 10:39配信

SOCCER DIGEST Web

80分に受けた退席処分については「判定は間違っていると思う」

 チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2レグ、セビージャはレスターに0-2で敗れ、合計スコア2-3で敗退を余儀なくされた。
 
 攻勢に立ちながらも、インテンシティーの高い相手を崩すことができず、一瞬の隙を突かれて2失点。攻撃の要であるナスリが相手選手への頭突きで退場となり、さらに終盤に得たPKはエヌゾンジが失敗(GKシュマイケルにセーブされる)するなど、自滅の感も否めなかった。
 
 昨シーズン、ヨーロッパリーグ3連覇を果たし、今シーズンはいよいよCLに照準を絞り、グループステージを突破したまでは良かったが、欧州制覇の夢はあまりに早く潰えることとなった……。
 
 80分に自身も退席処分を受けたホルヘ・サンパオリ監督は試合後、敗軍の将となった辛い心情を、以下のように吐露している。
 
――◇――◇――
 
 セットプレーからの失点が、我々の足取りを重くした。
 
 10人になってからも、我々にはゴールを奪う力はあったし、何度もレスターを押し込んで好機を作り出した。しかし、アウェーという環境のなかでは、困難は非常に大きかった。
 
 レスターとの2戦で思い知ったのは、GKの重要性だ。我々は2度もPKを防がれてしまった。
 
(PKをエヌゾンジが蹴ったことについて)我々にはPKのスペシャリストはいない。
 
 ナスリの退場については、何も分からない。私は遠い位置にいたので、何も見えなかった。彼はそれまで、ピッチ上で大きな貢献を見せていた。ずっとプレーしてくれていれば良かったのだが……。
 
(自身の退席処分について)なぜ、こんなことになったのか分からない。私はただ、ゴールを決められたことに対する不満を言っただけだ。あの判定は間違っていると思う。
 
 試合内容を考えると、この結果は不当なものだ。これで我々の夢は終わってしまった。今夜は辛い思いを抱えてベッドに入ることになるだろう。

最終更新:7/14(金) 18:09
SOCCER DIGEST Web