ここから本文です

100均の材料を使ったペーパーポンポンのつくり方。つるすだけで春のインテリアに!

3/15(水) 19:10配信

ESSE-online

 日差しが元気になって、暖かい日が少しずつ増えてきました。本格的な春の到来に向けて、そろそろインテリアを春らしい装いにしてみませんか?

⇒長く残した方の糸を天井などにつけてつるします

 そこでご紹介したいのがペーパーポンポン。学校行事などで目にする薄手のお花紙でつくります。100均ショップなどでさまざまな色がそろうので、お気に入りを選んでお部屋のアクセントカラーにしてみては。複数色を組み合わせたら、華やかさもさらにアップ!ペーパーポンポンは、バースデーパーティや季節のイベントにも応用できますよ。

春のインテリアにも!100均の材料でできるペーパーポンポンのつくり方(大・小)

[用意するもの]

・お花紙(好みの色)

 大/約縦25×横19cm…12枚

 小/約縦19×横12.5cm…8枚

・糸

・ハサミ

(1)同サイズのお花紙を重ねて縦長に置き、手前から1.5cmほどの幅で山折りと谷折りを繰り返し、じゃばら折りにします。

(2)中央の折り目に結び目がくるようにして、糸で結びます。このとき、結んだ糸の片方を長めに残し、もう片方は短く切ります。

(3)お花紙の両端をハサミで逆V字に切ります。

(4)じゃばらを開くように扇状に広げます。

(5)端からはがすようにして、中央に向かって1枚ずつ持ち上げていきます。

(6)左右とも、大は6枚、小は4枚まで持ち上げたら裏返し、反対側も同様に広げましょう。

(7)すべて広げたら、表裏の境目がわからなくなるように形を整えていきます。(2)で長く残した方の糸を天井などにつけてつるします。

【監修/yuroさん】

コラージュ作家。紙や布を使ったコラージュ作品や紙モノ雑貨、ブローチなどのアクセサリーの制作、個展・企画展への参加、ワークショップを開催。著書に『素敵なフラワーポンポンとハニカムボール』(ブティック社)等

<撮影/難波雄史、山田耕司>

ESSE

最終更新:3/15(水) 19:10
ESSE-online