ここから本文です

劇場版「ラストコップ」で“泣ける”展開が!? 主題歌はブルエンの新曲に

3/16(木) 12:00配信

ザテレビジョン

5月3日(水・祝)に全国ロードショーを迎える、唐沢寿明×窪田正孝共演の「ラストコップ THE MOVIE」の本予告映像が解禁された。

【写真を見る】先日解禁されたポスタービジュアルは意味深なコピーも話題に!

邦画の常識と想像をはるかに超えたダイナミックアクションに加え、ギャグ、ラブ、そしてまさかの“泣ける”展開が凝縮された、シリーズ史上最大級の一大エンターテインメントの片りんが明らかになる。

また、ドラマ版から引き続き、本予告映像に使用されている主題歌を手掛けるのは、熱い歌詞が10代の共感を集めるロックバンド・BLUE ENCOUNT。本作のために書き下ろした楽曲のタイトルが「さよなら」に決定した。

本作は、30年の昏睡(こんすい)状態から突如目覚めた、現代の常識も世間の空気も全て無視した時代錯誤な熱血昭和デカ・京極浩介(唐沢)と、京極とバディを組むことになった草食系の平成刑事・望月亮太(窪田)の凸凹コンビが、破天荒な捜査で事件を解決するさまを描くアクションコメディー。

解禁された映像では、横浜中央署に導入された最新鋭の人口知能が引き起こす“人類滅亡の危機”といういまだかつてない大事件に、京極と亮太の命知らずなコンビがまたしても果敢に挑む様子が映し出される。

「愛する家族と、この街を守ってみせる!」と、これまで人間離れした不死身パワーで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の力強いせりふと共に、さらにパワーアップしたド派手なアクションシークエンスが圧倒的スケールで描かれる。

その一方で、ドラマでは結局実現することのなかったキスを迫る亮太に「黙ってろ! 前髪直毛野郎!」と突如ののしるなど、京極の娘で亮太の恋人・結衣(佐々木希)の豹変(ひょうへん)ぶりは映画でも健在だ。

亮太のキメぜりふにもなりつつある「早く帰りてぇ~なぁ!」は今回も披露され、ドラマに劣らないハチャメチャなギャグシーンの連続を予感させる。

しかし、後半では突然路上で胸を押さえ吐血する京極の姿も垣間見え、「さらば、京極ー」という不穏なテロップが映し出される場面も。自らの死を覚悟しながら、「最後まで目に焼き付けてほしい」と語る京極の生きざまに、唯一無二のバディである亮太はこれまで京極に教わった全てを持って答えようと奔走するが…。

最後に亮太が静かに流す、一筋の涙の意味とは?

激しいテンポでエネルギッシュな曲調のドラマ版主題歌「LAST HERO」とは打って変わって、バラード調の切なくも優しいメロディーに乗せた映画版主題歌「さよなら」は、BLUE ENCOUNTの新境地を開くものといっても過言ではない。

配信、地上波ドラマから、今回の映画で大団円を迎える「ラストコップ」の“ラスト”にふさわしい切ない仕上がりとなっている。

唐沢と窪田の息の合ったコンビに加え、佐々木、藤木直人、小日向文世、和久井映見、黒川智花、竹内涼真、桜井日奈子、武田玲奈、伊藤沙莉ら存在感抜群のレギュラーキャスト。そして加藤雅也、吉沢亮ら映画版オリジナル新キャストも勢ぞろい。

破天荒なストーリー展開に加え、骨太なミステリーとしても、胸を熱くする家族ドラマとしても見応え満点の極上エンターテインメントがスクリーンにやってくる。ゴールデンウイーク、日本中に“ラストコップ旋風”が巻き起こりそうだ。

最終更新:3/16(木) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)