ここから本文です

【ビジネス女子マナーQ&A】同期入社の女性が先に昇格!悔しくて祝福できないときはどうする?

3/16(木) 17:00配信

Suits-woman.jp

今回のビジネスマナーは、IT関連会社勤務の小林みずきさん(仮名・32歳)から届いた相談です。

「新卒入社で共に頑張ってきた女性の昇格が決まりました。おめでとうという気持ちはもちろんあったのですが、素直に言葉にできず、目が泳いでしまいました。相手も気にしているようで……。こういうときはどうしたらいいんでしょう」

どんなに仲が良くても、むしろ、仲がいいからこそ、相手の幸せを素直に喜べないことってあります。とっさに目が泳いでしまったという質問者さんに、共感できる人も多いのでは?これから、どういう態度をとればいいでしょうか。さっそく、鈴木真理子先生に伺ってみましょう。

☆☆☆

祝福できないのは、悔しいからだけじゃない

これまで、同じペースで進んできたと思っていた同僚に、ある日突然、先を越されてしまう……。アラサーになると、そんなシチュエーションもいろいろなところで起こりますね。

こういうとき、祝福できなかった自分を「悔しさに負けた、心の狭い人間だ」と責めてしまう人も多いのですが、祝福できない本音は、悔しさだけではないのではないでしょうか。

寂しいから、今までとはふたりの関係が変わってしまうのがショックだから。そのくらい相手と一緒に過ごした時間が大好きだったから、という気持ちもあるのだと思いますよ。

胸に手を当てて、考えてみてください。本当はおめでとうと言いたかったのではないでしょうか。でも、寂しい気持ちのほうが前に出てしまって、祝福の言葉がでなかったーー。それが本音ではないでしょうか。

相談者さんは彼女をきちんと祝福できなかったことを、「相手も気づいたようだ」と気に病んでいるようですが、もともと仲がよかったのならなおさら、その気持ちを素直に伝えるべきだと思います。

職場では、彼女との付き合い方の切り替えが必要

同僚が昇格したからといって、その人の人間性が変わるわけではありません。これからもずっと、仕事で得られた最良の人間関係を大切にしてください。仕事上のアドバイスをもらったり、彼女から見習う点をこっそり観察して、マネするのも手だと思いますよ。

しかし、職場では彼女との付き合い方に切り替えが必要です。
昇格して肩書がついたのであれば、たとえ同期入社であっても、話すときには敬語を使うのがマナーです。指示を受けることがあれば「はい」で、決して、「ウン、わかったやっとく」ではありません。

また、名前の「ちゃん」付けや、ニックネームで呼ぶのもNGです。「○○さん」とさんづけするか、同期の方に役職がついたなら「○○主任」「○○プロジェクトリーダー」などと敬意を込めて呼んでください。

たまに、自分の立場を大きく見せるために、自分より格上の人を気安く呼ぶ女性を見かけます。これは、みっともないのでやめましょう。

たとえばお客様がいらしたとき、その方とは丁寧に対応して、相手を呼ぶときに「〇〇ちゃんー、お客様ですよー」と声掛けしたりする人、いませんか。
お客様に、私と彼女は同じレベルといわんばかりの態度は、第三者を巻き込んだマウンティングです。呼ばれた本人だって、決していい気分ではありません。
心が醜くなっていくと、顔もおブスになりますよ。ここは、ビジネスライクに接して、あなたの評価をあげてください。

1/2ページ

最終更新:3/16(木) 17:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。