ここから本文です

レスター岡崎の献身性を示す数値を英メディアが公開 「型破りのストライカー」に称賛相次ぐ

3/16(木) 11:45配信

Football ZONE web

CLセビージャ戦の攻守に貢献したデータを「壮観なシフト」と紹介

 レスターの日本代表FW岡崎慎司は、14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セビージャとの第2戦に先発出場した。2点目のきっかけとなるシュートを放つなど、レスターの2-0勝利と2戦合計3-2でのクラブ史上初の準々決勝進出に貢献したが、イングランドのサッカー専門メディアは侍ストライカーの攻守両面での貢献度の高さをデータで紹介。「壮観なシフトだ」と高く評価すると、レスターファンから「センターフォワード版カンテ」「パク・チソンのようだ」など、絶賛の声が相次いでいる。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 英サッカー専門メディア「Squawka」のツイッターは、セビージャ戦で後半19分まで奮闘した岡崎の働きに注目。「岡崎慎司のセビージャ戦での数値。空中戦勝利3回、タックル勝利2回、ブロック2回、シュート2本、インターセプト1回、クリア1回。壮観なシフトだ」と、絶大な運動量を武器に自陣でも敵陣でも攻守に渡る貢献を見せた岡崎を称賛している。

 このツイートの返信欄は、岡崎への賛辞で溢れかえった。「一体、彼はストライカーなのか?」というファンのメッセージに、「Squawka」が「型破りのストライカー」と返信するなど、岡崎の特殊性はクローズアップされている。昨季レスターの優勝に貢献し、今季プレミア首位を独走するチェルシーの中盤に君臨する“ダイナモ”にちなみ、「センターフォワード版カンテ」との声も上がっていた。

「パク・チソンのようだ」と讃える声も

 その他にも「彼は世界唯一の守備的ミッドフィールダー的なストライカー。しかし、運動量が信じられないほどで、チームを多大に助けている」「彼の運動量はファンタスティック」「過小評価されている」といった声に加え、「パク・チソンのようだ」とかつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元韓国代表MFを彷彿させるプレーぶりとの評価もあった。

 FWイスラム・スリマニと交代でピッチを去る際には、本拠地キングパワー・スタジアムのサポーターからスタンディングオベーションを受けた岡崎は、レスター史上初のCL8強進出の立役者の一人として、地元メディアとファンから評価されている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/16(木) 11:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新