ここから本文です

香川、日本人の”CL最多出場記録”に迫る。岡崎も上昇中…準々決勝で出場なるか

3/16(木) 11:20配信

フットボールチャンネル

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、日本人の”チャンピオンズリーグ(CL)最多出場記録”を持つシャルケ所属の内田篤人に近づいてきた。ドルトムントはポルトガル1部ベンフィカに勝利してベスト8進出を果たしたため、さらに差を縮めることになりそうだ。

海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?

 香川は今季CLで3試合に出場している。最近、ヘルタ・ベルリン戦やドイツ杯準々決勝のシュポルトフロインデ・ロッテ戦で2試合続けて先発フル出場を果たしており、再び出場時間が上昇していた。CL準々決勝で出場する可能性もあるかもしれない。

 現時点で香川はCL通算25試合に出場している。CL通算31試合の出場経験がある内田とは6試合の差だ。今季中に追い抜くことは不可能だが、それでも差を縮めることは可能だろう。

 また、今季のCL出場記録を大幅に伸ばしているのがレスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司だ。レスターもドルトムントと同じくベスト8進出を果たしており、さらに出場数を伸ばすかもしれない。現時点で通算6試合の出場記録となっている。欧州サッカー連盟(UEFA)が公開しているCLの日本人歴代出場記録は以下の通り。

【CLの日本人歴代出場記録(予選含む)】
1位 内田篤人(シャルケ):31試合
2位 香川真司(ドルトムント、マンU):25試合
3位 中村俊輔(セルティック):19試合
4位 本田圭佑(CSKAモスクワ):11試合
4位 小野伸二(フェイエノールト):11試合
6位 長友佑都(インテル):10試合
7位 稲本潤一(アーセナル、ガラタサライ):7試合
8位 長谷部誠(ヴォルフスブルク):6試合
8位 久保裕也(ヤングボーイズ):6試合
8位 鈴木隆行(ヘンク):6試合
8位 岡崎慎司(レスター):6試合

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)