ここから本文です

CLで再び逆転劇、モナコがマンC撃破で8強へ! 攻守の要を欠きながら若手が躍動

3/16(木) 6:48配信

SOCCER DIGEST Web

モナコはグリクとファルカオが欠場したが大奮闘。

 現地時間3月15日、チャンピオンズ・リーグの決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、モナコ対マンチェスター・C戦が開催された。
 
 2月21日のファーストレグを3-5で落とし、ベスト8進出には3点以上が必要なモナコは、守備の要グリクが出場停止、エースのファルカオが怪我で欠場。代わりにCBにジェメルソン、FWにジェルマンを起用した。
 
 一方、有利な立場にあるマンCは、その第1レグで欠いていたコラロフをCB、クリシを左SB、フェルナンジーニョをアンカーに起用した。
 
 試合は序盤からホームのモナコが攻勢。8分にはいきなり先制に成功する。B・シウバが左足で放ったシュート性のクロスを、ゴール前でエムバペが押し込んだ。
 
 さらにオフェンス・マインドを貫くモナコは、23分に追加点。再び左サイドを崩し、メンディのグラウンダーのクロスをファビーニョが綺麗に合わせて2点目を奪った。これで2試合合計5-5、さらにアウェーゴールでモナコが上回る結果となった。
 
 マンCはまさに防戦一方で、敵陣深くまで攻め入る機会そのものが少なく、前半はなんとシュートゼロでハーフタイムを迎えた。
 
 そのマンCはこのままでは敗退することもあり、後半にようやく盛り返し、57分、62分64分、68分にアグエロが立て続けに決定機を得る。
 
 すると71分、マンCはついに1点を奪う。デ・ブルイネのロングパスを受けたスターリングがドリブルシュートを放ち、一旦は相手GKに弾かれるも、詰めていたザネが左足で押し込んだ。
 
 しかし、直後の77分にモナコが3点目。ルマールの正確なFKからのボールを、フリーになっていたバカヨコがヘディングシュートを叩き込んだのだ。
 
 これで再び後がなくなったマンCは84分、DFクリシを下げてFWイヘアナチョを投入。システムを4-3-3から3-3-4に変えて攻撃の圧力を高めた。
 
 しかし、そのままタイムアップの笛。モナコが3-1で勝利し、2試合合計6-6ながらアウェーゴールでマンCを上回って、2年ぶりのCL準々決勝進出を決めた。
 
 なお、ベスト8の抽選会は3月17日に開催される。

最終更新:3/16(木) 6:56
SOCCER DIGEST Web