ここから本文です

本田翼、アテレコ初挑戦でキュートな裏声を披露

3/17(金) 14:26配信

ザテレビジョン

森永製菓株式会社は、マクロビオティックの考え方に基づいて開発した商品「マクロビ派ビスケット<プレーン>」「マクロビ派ビスケット<カカオ>」を、3月21日(火)から全国でリニューアル発売。

後輩“ST”モデルの永野芽郁は、自然体の笑顔を見せる

それに伴い、女優・モデルとして活躍する本田翼をイメージキャラクターに起用した新TV-CM「マクロビ派ビスケット マクロビちゃん出没篇」(15秒)を、3月25日(土)より全国で順次オンエア開始する。

新TV-CM「マクロビ派ビスケット マクロビちゃん 出没」篇では、今回は「マクロビ派ビスケット」が、「カラダにいいものを、手軽においしく摂りたい」という女性の欲張りな気持ちに応える身近な商品であることを、“マクロビちゃん”というパペット人形を使って表現した。

新CMのキャラクターには、健康的かつ自然体なキャラクターで幅広い世代から支持を集める本田を起用。チャーミングな笑顔と、マクロビちゃんとのコミカルな掛け合いを通じて、「マクロビ派ビスケット」の魅力を訴求していく。

普段なかなか聞くことのできないアテレコの裏声や、口をパクパクしながら話す様子など、クールな演技にも定評がある本田のかわいらしいパペット使いは、本CMでしか見られないので、注目してほしい。

撮影に当たり、本田は監督から「神出鬼没なマクロビちゃんのキャラクターを、本田さんらしくチャーミングに演じてください」というオーダーを受け、演技に臨んだ。

事前に行われたグラフィック撮影では、すでにマクロビちゃんとの対面を果たしていたため、周りのスタッフに「この子の名前、マクロビちゃんって言うんですよ!」と紹介しながら、カメラ前にスタンバイ。

パペットの扱いについて説明を受ける際には、「え、これ難しい!」と不安を口にしつつも、わずかな時間でコツをつかむと、その後は終始自然体でOKテークを連発していた。

裏声を出す練習をしている時、本田さんはアドリブで、某アニメの主人公の物まねを披露。現場を爆笑の渦に巻き込んだ。

また、マクロビちゃんの「声」だけを収録するシーンでは、なかなか調子が出ず、「やっぱり君がいないとうまくいかないなぁ」と、すぐ近くに置いてあったマクロビちゃんを、再び手に装着した本田。

今度は無事に成功し、マクロビちゃんと「やったー!」と一緒に喜ぶというほほ笑ましい場面があった。

そして撮影で最もこだわったのが、本田が裏声を出すシーン。視聴者に「なんだ?」と思ってもらう重要なポイントだけに、現場で試行錯誤を繰り返し、さまざまなバリエーションで撮影が行われた。

また、OL役のエキストラにマクロビちゃんを押し付けるカットも、パペットの顔の向きや、押し当てるまでの距離感が非常にシビアであり、チャーミングに見えるベストショットを徹底的に追求。本田の“女優魂”が自然にCMと調和し、見る者全ての心を健康にしてくれそうだ。



※マクロビオティックとは、穀物や野菜中心の自然と調和した食事を摂ることにより健康的なライフスタイルを目指す考え方のこと。

最終更新:3/17(金) 14:26
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)