ここから本文です

【京都4大桜名所】コース料理や発酵スイーツも堪能!雄大な自然が広がる「嵐山」

3/17(金) 17:00配信

東京ウォーカー

雄大な自然が広がる京都の観光名所、嵐山には、大自然を借景にした庭園や、保津川を見渡せる絶景展望台など、桜の名所も多い。そこで、日本茶の魅力が体験できる茶房や発酵をテーマにしたスイーツなどの立ち寄りスポットも交えて、この春に散策したくなる嵐山の桜を紹介!

【写真を見る】諸堂への参拝受付がある庫裏の入口には、禅宗の開祖・達磨大師を描いた巨大なついたてが/天龍寺

■ 世界遺産の寺院は桜も見事!京都を一望できる丘にも注目

世界遺産に登録されている寺院「天龍寺」は、嵐山を借景とする曹源池庭園が有名。京都の町並みを見渡せる望京の丘や後醍醐天皇を祀る多宝殿など、多数のお花見ポイントがある。嵐山を借景にした庭園は圧巻。

多宝殿の奥にある望京の丘からは、眼下に広がる桜や天龍寺境内や庭園のほか、京都市内を見渡せる絶景が楽しめる。

諸堂への参拝受付がある庫裏の入口には、禅宗の開祖・達磨大師を描いた巨大なついたてがある。

【天龍寺】住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 電話:075-881-1235 時間:8:30~17:30 ※10月21日~3月20日は8:30~17:00 休み:なし 料金:参拝料500円(諸堂は+300円) 交通:嵐電嵐山駅よりすぐ

■絶景桜DATA/見ごろ:3月下旬~4月中旬、ベストタイム:8時30分~11時。午後は逆光になるため、午前中のなるべく早い時間に。数:約200本、品種:シダレザクラ、ソメイヨシノなど。

■ 頂上にある絶景展望台で嵐山の雄大な自然を満喫!

「嵐山公園亀山地区」は、天龍寺の西側に位置する公園。園内にある展望台は嵐山や保津川を見渡すことができる絶景スポット。タイミングがよければ保津川下りの船やトロッコ列車も見られる。

展望台からは四季折々の嵐山の自然を眺められる。山麓が公園となっていて、広場や休憩所もある。

【嵐山公園亀山地区】住所:京都市右京区嵯峨亀ノ尾町 電話:075-701-0101(京都土木事務所) 時間:自由 休み:なし 料金:無料 交通:嵐電嵐山駅より徒歩8分、阪急嵐山駅より徒歩15分 ※公園入口から展望台は徒歩7分

■絶景桜DATA/見ごろ:3月下旬~4月上旬、ベストタイム:9時30分ごろ。午後からは山側に影ができる。光が美しい午前中がオススメ。数:不明、品種:不明。

■ 情緒あふれる景色が広がる嵐山のシンボル

「渡月橋」は、桂川(大堰川)にかかる橋で、平安時代にかけられたのが始まりと言われている嵐山のシンボル的な存在。川沿いの桜越しに眺める渡月橋は特に情緒満点。橋の西側に位置する嵐山も薄紅色に染まって美しい。嵐山を代表する景観を満喫しよう。

木造の橋と川、周辺の自然が見事に調和する。多くの花見客でにぎわう嵐山エリアの中でも特に多くの人が訪れる。

【渡月橋】住所:京都市右京区嵯峨 電話:075-861-0012(嵐山保勝会) 時間:自由 休み:なし 料金:無料

■ <立ち寄りグルメ>季節の総菜とお茶とダシが優しい茶漬けを!

「茶三楽」は、日本茶の魅力をとことん味わえる茶房。全国の日本茶を厳選し、品種や生産家ごとの味わいの違いを楽しめる。いれ方の異なるお茶とお茶請けによるコースなど、お茶が主役のメニューがそろう。

「日本茶のお茶漬けとお総菜のコース」(1800円)。2煎目の日本茶とダシを割った「お茶ダシ」をかけてお茶漬けに。季節の総菜はお茶の香りを引き立てる優しい味わい。

【日本各地のお茶のコースも!】「抹茶コース」(2000円)。抹茶と薄折れ冷茶をそれぞれ異なるお茶請けで味わい、季節のお茶で締める。ほか「玉露コース」(2300円)などもあり。

カウンター越しに見える美しい茶器や、日本茶に精通したスタッフのおもてなしも魅力。お茶の品種や生産家ごとの味の違い、おいしいお茶の飲み方を丁寧に教えてくれる。中庭を眺めながらゆったり過ごせる座敷席やテーブル席もある。

【茶道体験もできる!】中庭が見える本格的な茶室が備えられ、茶道体験やほうじ茶を煎るお茶作り体験ができる。<「抹茶体験」「ほうじ茶作り体験」(各3700円 ※1名で参加の場合は各4500円) 時間:11:30~17:00(体験所要時間は各60分程度) ※前日までに要予約>

■茶三楽<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町7 電話:075-354-6533 時間:11:30~17:30(LO17:00) 休み:不定休 席数:26席 交通:嵐電嵐山駅より徒歩3分、JR嵯峨嵐山駅より徒歩5分>

■ <立ち寄りグルメ>発酵素材で作るオリジナルスイーツ

「発酵食堂カモシカ 発酵マルシェ」は、発酵をテーマにしたセレクトショップ。天然酵母や甘酒などの発酵食品を組み合わせて作るオリジナルスイーツのほか、発酵食の手作りキットや調味料を扱う。

天然酵母生地のチョコタルトと発酵食材を組み合わせた4種の「発酵チョコタルト」(各500円)。テイクアウトは4個入(2000円)。

体に優しく、見た目にもかわいい発酵スイーツはおみやげにも大人気。イートイン席もある。

■発酵食堂カモシカ 発酵マルシェ<住所:京都市右京区嵯峨天竜寺若宮町21-2 電話:075-748-0186 時間:11:30~17:00 休み:不定休 席数:5席 JR嵯峨嵐山駅より徒歩1分>

■ <立ち寄りカフェ>隠れ家のような自家焙煎コーヒー店

「SARUT COFFEE」は、車折神社近くにオープンしたコーヒー専門店。オリジナルブレンド3種(300円~)やシングルオリジンをそろえ、1杯ずつ丁寧にハンドドリップする。豆は販売も可。

「SARUT BLEND1」(300円)。

もとは塗料店の倉庫兼作業場だった建物をリノベート。天井が高く開放的。

■SARUT COFFEE<住所:京都市右京区嵯峨蜻蛉尻町1-11 電話:075-871-0051 時間:9:30ごろ~19:00 休み:不定休 席数:6席 交通:嵐電車折神社駅より徒歩8分>【関西ウォーカー編集部】

最終更新:4/12(水) 11:40
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。