ここから本文です

植田真梨恵、故郷に音楽で貢献! “久留米絣”紹介ムービーに楽曲提供

3/17(金) 18:00配信

ザテレビジョン

先日、映画「トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡」主題歌となる「灯」を書き下ろすことが発表されたばかりのシンガーソングライター・植田真梨恵。

【写真を見る】ライブでは圧倒的な歌唱力をもって観衆を魅了し続ける植田真梨恵

このたび、故郷である福岡・久留米の伝統工芸品「久留米絣(かすり)」の魅力を紹介するショートムービーにも新たに、主題歌・挿入歌として「勿忘にくちづけ」「go for the sun」の2曲を書き下ろしたことが分かった。

植田は久留米市出身で、メジャーデビュー2年目にして、昨年念願の“くるめふるさと大使”に任命されており、これで大使として、生まれ育った故郷に音楽で貢献する第一歩を刻むことになった。

久留米絣は福岡南部の筑後地方一帯で作られる美しい絣で、200年の伝統があり、国の重要無形文化財にも指定されている。植田自身も、久留米絣の美しさ、デザインの新しさに魅せられ、久留米絣を用いて作られたスカートやワンピースなどを愛用しているという絣ファンの1人だ。

久留米絣の魅力を伝えるべく製作されたショートムービーは、1話3~5分の連続物語仕立て(全6話予定)で、久留米絣の製法や歴史を垣間見ることができる。

こちらは地場産くるめホームページにて、3月18日(土)より順次公開予定という。

【ショートムービーSTORY】

一人前の絣職人になると現れると言われる、久留米絣の創始者「お伝さん」こと井上伝。ある日、久留米絣に魅せられた若き絣職人「ゆき子」の前に姿を現す。

ゆき子はお伝さんの「伝統の技」に、お伝さんはゆき子が創り出す「現代の久留米絣」に刺激を受け、久留米絣が現代に受け継がれていることを認識する…。

最終更新:3/17(金) 18:37
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)