ここから本文です

「圧倒的に勝つ」アイスホッケー女子日本代表発進その3

3/17(金) 6:57配信

Japan In-depth

■ベテランの味

2014年、遠くロシアで開催されたソチ五輪。
日本代表を退いていた小野粧子にとって、自宅テレビに映し出される画面は、始めは眩しくて直視出来ないほどだった。かつてのチームメイトの久保英恵や近藤陽子が、イキイキとプレーしていた。共に闘った仲間があそこにいて、自分は今、こうして一人の観客になってしまっている。時間の経過とともに、食い入るようにテレビに貼りついた。ソルトレークも、トリノも、バンクーバーも血の滲む思いで挑戦したのに、行けなかった五輪。

「自分も、もう一度挑戦したい。何としてもオリンピックに行きたい」

強く思うようになっていった。

夫で、コーチでもある豊と二人三脚の特訓が始まった。

戻りたくても、結果を出さなければ戻れないポジション。それまでは、豊がコーチを務める北海道清水町のクラブチーム・フルタイムシステム御影グレッズでのチーム練習のみだった。自分も練習するが、若手の指導にも当たる。それだけでは、代表復活を目指すにはとても練習量が足りない。ウエイトトレーニングを増やして筋力を上げる。夫と共にマンツーマンのシュート練習も毎朝、来る日も来る日も重ねた。

とにかく、まずは国内の公式戦で、得点に多く絡むように、シュート力を上げ、アシストにつなげるパスの精度を上げる。実績を積み重ねなければ、代表候補としてさ、招集はされない。一方で、年齢なりに疲労もたまるので、少しでも早く身体を回復させるために酸素カプセルも取り入れた。

努力が実り、2008年バンクーバー五輪予選後の代表引退以来、7季ぶりに2015年に代表復帰を果たした。2016年春の世界選手権トップディビジョンが久々の国際試合だった。が、全敗。入れ替え戦もチェコに敗退し、ディビジョン1への降格が決まっている。その後、スマイルジャパンの監督は山中にバトンタッチされ、立て直しが図られた。来月、再びトップディビジョン復活も目指す。

アイスホッケーの女子代表を取り巻く環境は、大きく変わった。小野は身をもってその長い過程を体験している、数少ないプレーヤーの一人。

遠征費にも困り、定職にも付けないでプレーを続けなければならなかったソチ五輪代表決定以前の、女子代表。さらに遡るほど、状況は劣悪だった。

当時に比べれば、スマイルジャパンの愛称で多くの人間に親しまれたり、毎月、代表候補合宿が実施されるなど、夢のような現状。
地獄と天国を見た小野に、チーム内での自身の役割を、聞いてみた。

「(ベテランである)私の、チーム内での役割は、周りを見て気を配り、一人一人に声をかけること」と、チーム内の互選で決まるリーダーズグループの一員としての自覚も強く、頼もしい。

技術面でも、若手・中堅からは「粧子さんとセットを組むと、学ぶことが多いです」と、絶大な信頼感がある。

1/2ページ

最終更新:3/17(金) 6:57
Japan In-depth