ここから本文です

元イングランド代表主将がCL16強敗退のマンCを酷評 “司令官不在”の「頼りない守備だった」

3/17(金) 8:07配信

Football ZONE web

モナコから2戦6得点を奪うもCL史上初の敗退 ファーディナンド氏が脆弱なマンC守備陣を断罪

 元イングランド代表主将で現在は辛口批評家として人気のリオ・ファーディナンド氏が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でモナコに敗れて16強敗退となったマンチェスター・シティについて、ピッチ上に司令官不在の「頼りない守備」と酷評している。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティは本拠地での第1戦を5-3で勝利したが、現地時間15日に行われた敵地第2戦では1-3で敗れた。合計スコアは6-6だが、アウェーゴールの差で及ばなかった。CLの歴史上、2戦合計6得点を奪って敗退した初めてのチームとなった。

 ファーディナンド氏は、英衛星放送「BTスポーツ」の解説者としてこの試合を観戦。現役時代にイングランド最高のCBとの評価を受けた同氏の目に、シティの守備はあまりに頼りなく映ったようだ。

 特にセットプレーからモナコのMFティエムエ・バカヨコに決められた3失点目のシーンについては、「あまりに(最終ラインの位置が)高すぎた。頼りない守備だった」と酷評している。

 シティ陣内の右サイド、ゴールまではおよそ35メートルほどの位置でモナコがFKを獲得。この場面でシティはペナルティーアーク付近に最終ラインを設定してポジションを取った。キッカーのモナコMFレマ・エマルが助走に入ったところから一斉にラインを下げたが、誰もバカヨコの動きにはついていけずにフリーでヘディングシュートを許した。

主将コンパニの不在が響く格好に…

 ファーディナンド氏は「バカヨコはピッチ上で最も背の高い一人だったが、彼は姿を消し、誰からも触れられず、マークもされていなかった。とても残念だ」とシティの守備の甘さを指摘。「ボックス内で命令を下す人が誰も、ラインをどこにするのか決める人もいない。司令官不在だった。これは問題だ」とリーダーシップの欠如を敗因に挙げた。

 本来はDFラインを統率する存在として、主将のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニという実力者がいるが、今季は故障が続き公式戦6試合でしかプレーしていない。その不在が響く結果となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/17(金) 8:07
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新