ここから本文です

通信キャリアの時代は終わり、アマゾン、グーグル、フェイスブックがインフラを支配する

WIRED.jp 3/17(金) 18:35配信

アマゾン、フェイスブック、グーグルの3社は、単なるメディア企業になろうとしているだけではない。寡占状態の通信キャリアに取って代わり、インターネット接続サーヴィスの提供も始めている。どうやら情報インフラを巡る状況は少しずつ変わってきているようだ。

【Wi-Fiが弱いと思ったら試したいこと4つのコツ】

-----

テレビで観る番組はほとんどすべて、少数のメディア企業グループから提供されている。それと同様に、ケーブルテレビのサーヴィスは少数の通信キャリアが提供している。コムキャストと契約してNBCの番組を視聴しているなら、コンテンツと配信インフラを保有しているのは同じ人々だ。規制当局がAT&Tによるタイム・ワーナー買収を承認すれば、この小さな世界はさらに一極集中が進むだろう。

こうした一極集中の状態はインターネットによって緩和されるはずだった。ところが、かえって悪化させる恐れもある。アマゾン、フェイスブック、グーグルなど少数の企業が、メディア企業や通信キャリアに取って代わろうとしているのだ。これらの企業はすでに、消費者が視聴するコンテンツの多くをホストするだけでなく、ますます多くのコンテンツを制作している。また、それらのデータを送るインフラの多くを所有し、インターネット接続サーヴィスまで始めつつある。

これらの大手テック企業は、通信キャリアを打倒しようと計画していたわけではない。彼らのビジネスは、「信頼できる高速インターネットを利用する消費者」に依存しているので、そのすべてを自社で提供しようとしてきただけだ。消費者からすれば、状況の大幅な改善が約束される。大手通信キャリアを毛嫌いしている人なら、その終焉に喜びを感じるだろう。だが、新旧が入れ替わっても結局、同じ状態が続く可能性はある。

消費者が最良の電波を受信できる未来

「Google Fiber」や、光ケーブルを使った無線インターネットへの移行については、おそらくあなたも聞いたことがあるだろう。グーグルのモバイル通信サービス「Project Fi」は、もっと画期的なものになりえる。グーグルは、携帯電話基地局を建設する代わりに、SprintやT-Mobileのネットワークへの接続を再販する。CricketやTracFoneのような企業も同じことを行っているが、Project Fiなら、受信可能な最良の電波を常に携帯電話で利用できる。

ほとんどのモバイル端末は、ローミング中にネットワークを切り替えている。だがそれは、契約しているキャリアの電波を受信できない場合に限られている。契約しているキャリアを受信できるが電波状況は悪いという場合、従来のローミングなら、別のキャリアの強力な電波に切り替えられない。だがProject Fiは、どこにいても、最良の電波を提供してくれる。

これによって、無線ネットサーヴィス市場が変わる可能性がある。単一のキャリアと契約するのでなく、仲介業者である「モバイル仮想ネットワークプロヴァイダー」と契約し、利用可能な最良のネットワークを利用することになるわけだ。現在のキャリアは、利用者の目には触れない元売り業者となって、最安料金でアクセスを提供しようと競い合う。現実にそうなれば、より優れたサーヴィスを利用しながら、利用料金を大幅に節約できることになる。

▼ 通信キャリア同士の“壁”が崩れる

こうした市場の変化に、大手通信キャリアはもちろん抵抗するだろう。しかし、Artemis Networksのような中小企業にとってはチャンスが生まれる。同社は、帯域幅を格段に向上させる可能性のある「pCell」技術に基づく無線ネットワークを開発した。従来であれば、AT&TやVerizonと同様に、消費者にサーヴィスプランを提供しなければならないところだが、創業者のスティーヴ・パールマンは、仮想ネットワークプロヴァイダーにサーヴィスを販売する計画を立てている。

グーグルはさらに、共通ログインで公衆Wi-Fiに接続できるサーヴィスを開発中だ。公衆Wi-Fi接続が普及すれば、Project Fiの成長可能性が高まるからだ。だが、グーグルがこうした大規模なネットワークをまとめあげる前に、そうしたネットワークの一部を他社が構築しなければならない。そこにフェイスブックが登場する。

フェイスブックは2016年2月、遠隔地や人口過密な都市圏で無線インターネット接続を提供するネットワーク機器を発表した。同社は、インターネットサーヴィスプロヴァイダー(ISP)になりたいわけではない。オープンソースのツールを提供することで、他社に、新たな地域で高速無線インターネットを提供してもらおうと考えているのだ。

新技術と無線周波数帯へのアクセス拡大は、モバイルネットワークの運営コスト削減につながる。このためグーグルなどの無線仲介業者は、全米(場合によっては世界全体)規模のネットワークを構築しやすくなる。実現すれば無線サーヴィスはコモディティ化し、主導権はAT&Tなどのキャリアからグーグルのような企業に移るだろう。

1/2ページ

最終更新:3/17(金) 18:35

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.27』

コンデナスト・ジャパン

2017年2月13日発売

630円(税込み)

現代の科学を問う「サイエンス」特集。「科学はいかに『自由』を取り戻すのか」また、アメリカの戦いの時代の姿を描くレポート「ふたつのアメリカ」も掲載。