ここから本文です

テーブル上のUSB機器を全部つないでも余裕の10ポートUSBハブ

3/17(金) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

身の回りのガジェットを見渡すと、もはや充電池内蔵になっていない物を探すのは難しいほど。そしてこれらはほぼすべて、USBポートで充電するようになっています。

【この製品のユニークなところは?】

しかし一方で、肝心のUSBポートはそんなに多くありません。タワー型のPCがあれば何とかなりますが、ノートPCしか持っていない場合、ポートが2つあればマシという状況なのです。

光学メディアやマウスなど、USB接続の外部機器をつないでしまうと、USBポートには空きがなくなってしまい、結果これらのガジェットは、ACアダプタを使ってテーブルタップから充電するしかなくなります。しかし、かさばるACアダプタは少なからずジャマなものですし、データ転送を同時に行えないなどの問題も発生します。

USBハブは、こうした問題を解決するための手段となりますが、今回『AUKEY USBハブ 10ポート CB-H18』を貸していただける機会がありましたので、試してみました。

この製品のユニークなところは、充電専用ポートが3つ用意されているところにあります。最大電流量は2.4Aまでとなっていますので、大半の急速充電機器に対応でき、スマートフォンや外部バッテリーだけでなく、ライトやカイロの充電、あるいはカップウォーマーなどに使うこともできます。

さらに、高速データ転送に対応したUSB3.0ポートが7つ。これだけあれば、つなげない機器はもう無くなるに違いありません。

電源タップと違い、USBポート自体のサイズが小さいので、本体がコンパクトなのも特徴です。

10個のポートに給電するために、独自に電源が必要なバスパワータイプですが、必要なACアダプタは1つで済みますし、コンセントまわりもスッキリできます。

手持ちのガジェットが多い人をはじめ、レガシーなメディアを使う必要があるという人も、メリットを感じられるはずです。

AUKEY

(田中宏和)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。