ここから本文です

ここまで美しくていいのか!?──笑撃の美女芸人、現る

3/17(金) 18:31配信

GQ JAPAN

アジアのアイドル? とも見てとれるこちらの美女は、お笑い芸人の小杉まりも。“美人すぎる女芸人”として人気急上昇中で、この顔からは想像できない芸は一見の価値あり!

【笑撃の美女芸人、小杉まりもの動画はこちら!】

「幼稚園のころにチャップリンの動画をみて衝撃を受け、芸人になろうと決めました。動きで人を笑わせるのがいいなと思いまして」

実際、彼女の動きも独特だ。美人と褒めれば照れる気持ちを身体で表し爆笑を誘い、プロのメイク後の姿を絶賛すると「やばいですね、帰り道に8億人くらいが後をついてきてしまうかもしれません」と切り返す。やっぱり芸人なのだ。

“美人芸人”と言われることに関しては「かわいいと思ってネタを見てくれる人がいたら、それはラッキーです」と、美貌も芸の肥やし。子供のころからお笑いのことで頭がいっぱいで、チャップリンに近づくべく毎日ネタを考えている。物欲はなく、恋愛にもまったく無関心で、彼氏いない歴25年。

「自分が好きすぎて、自分と結婚できる制度があったらいいなと思うくらいです。男性より石とかの方が好きで、石は自分に似ているなと拾ったりもします」

決して不思議ちゃんなのではなく、突出してユニーク。挙動不審とも言われがちだけれど、実はすごくスマートで頭の回転に言葉が追いつかず、それが身振り手振りに出てしまっているように感じる。最後スタジオを出る際には、「幸せな1日をありがとうございました!」と頭を下げ帰っていった。彼女は興味がなくても、魅了される男性はいくらでもいそうだ。

PROFILE :
小杉まりも お笑い芸人
1991年、東京都生まれ。幼少のころから芸人を志し、2009年よりTV出演を始める。ワタナベエンターテインメント所属で同期は厚切りジェイソン。まりもは本名で長生きしてほしいという意味が込められている。

Words: Tomoko Oishi Photos: Eric Micotto

最終更新:3/17(金) 18:31
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月24日発売

600円(税込)

『ベイビー・ドライバー』主演、アンセル・エルゴート登場/クルマが恋人の若者たち/10トップワールドニュース/三越ワールドウオッチフェア“明日”のヴィンテージ時計