ここから本文です

【J1展望】神戸×磐田|スタートダッシュに成功した神戸。開幕4連勝への鍵は?

3/17(金) 18:00配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――渡邉、田中順にゴールは生まれるか。

J1リーグ 第4節
ヴィッセル神戸-ジュビロ磐田
3月18日(土)/16:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
今季成績(3節終了時):1位 勝点9 3勝0分0敗 5得点・1失点
 
【最新チーム事情】
●前節の仙台戦を制し、J1では初の開幕3連勝を飾る。
●GKキム・スンギュが韓国代表入り。
●仙台戦で鎖骨を痛めた小川は出場不可。
 
【担当記者の視点】
 前節の仙台戦で完封勝利を収め、唯一の開幕3連勝で首位に立つ。90分を通じた内容は決して良くはないが、組織的な守備で相手の長所を消し、チャンスを確実にモノにする戦いが結果に結びついている。

 ややインパクトを欠いていた攻撃陣も徐々に調子を上げつつあり、仙台戦では新戦力の大森が切れ味鋭い突破から移籍後初得点。攻守の要として好パフォーマンスを見せる藤田にも得点が生まれたのは好材料だ。

 一方で気掛かりなのが、渡邉、田中順にゴールが生まれていない点。彼らの守備面での貢献は欠かせないが、シュートチャンス自体が少なくなるのは避けたい。今後、より勢いを加速させるためにも、2トップの得点にも期待したい。

磐田――前から圧力をかけ、流れを呼び込みたい。

J1リーグ 第4節
ヴィッセル神戸-ジュビロ磐田
3月18日(土)/16:00/ノエビアスタジアム神戸

ジュビロ磐田
今季成績(3節終了時):10位 勝点4 1勝1分1敗 2得点・2失点

【最新チーム事情】
●15日のルヴァンカップ・札幌戦で、松本が初先発。針谷がプロデビューを果たす。
●札幌戦で先発した小川航は3本のシュートを放つ。ノーゴールに終わったものの、積極的な動きが光った。
●小川航がU-20日本代表のドイツ遠征メンバーに選出。
●森下が戦列復帰した一方、GK志村が負傷離脱。

【担当記者の視点】
 神戸は昨季公式戦で3回対戦し、10失点を喫している。得点源のレアンドロが怪我で離脱中とはいえ、名波監督は「まとまりも、勢いもある。バランスもいい」と警戒。神戸はここまで開幕3試合すべてで先制しており、「我々が先制してバタつかせたい」と抱負を語ってもいる。

 前節の大宮戦では、中村俊の開始早々の直接FK弾で先制し、相手に“持たせる”形で試合を進め、後半立ち上がりに川又の一撃で追加点を奪った。選手たちは試合開始から勢いよく仕掛けたプレスがハマったことを勝因に挙げていたが、神戸戦も同じように受け身にならず前から圧力をかけ、神戸の勢いを削ぎ、流れを呼び込みたい。

最終更新:3/18(土) 4:26
SOCCER DIGEST Web