ここから本文です

カナダ首相とイバンカがイスラム差別を描くミュージカルを観劇!?

ニューズウィーク日本版 3/17(金) 20:32配信

<ニューヨーク・ブロードウェイで上演されたミュージカルには、トルドーとイバンカをはじめ、トランプ米政権の閣僚や各国大使など要人がずらり。いったいなぜ?>

上演された『Come From Away』は、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロの際のカナダの支援をテーマにしたもの。それゆえ、観客にはニッキー・ ヘイリー米国連大使、大統領の長女イバンカ・トランプをはじめとする政府関係者や100人余りの駐米大使がそろい、カナダのトルドー首相も駆け付けた。



ミュージカルは、はらはらどきどき、お涙頂戴から笑いたくなるジョークまで。9.11で飛行機から降ろされた乗客数千人に、カナダ・ニューファンドランド島の住民たちが右往左往して対応する様子が描かれた。

【参考記事】「トランプ大統領」を誰より危惧するイスラム教徒の不安

劇中では世界的に有名な料理人であるエジプト人の男性が料理を手伝わせてもらえないなど、イスラム教徒に対する偏見を描く場面がたびたび登場した。

ドナルド・トランプ米大統領の、移民やイスラム教徒の受け入れを一時禁止しようとする強引な政策に非難が集まっているのは周知の事実。

リベラルで多文化主義者のトルドーは、トランプの移民差別に批判的。この日も娘のイバンカとは別々の車で劇場に現れ、別々のゲストと話していた。

【参考記事】トランプ入国禁止令、イスラム教差別でまた差し止め

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

最終更新:3/17(金) 20:32

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-4・ 4号
3/28発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(3月30日)

  • ITmedia ヘルスケアの配信が終了しました。