ここから本文です

「べっぴんさん」芳根京子 「19歳のおばあちゃん役」に賛否

NEWS ポストセブン 3/18(土) 7:00配信

 10月のスタートから20%前後の視聴率を記録し、好調が続くNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。ヒロイン・芳根京子の演技にも注目が集まっているが、彼女が「おばあちゃん」を演じていることに賛否の声が出ている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんはどう考えるのか? 以下、木村さんが解説する。

 * * *
 去る2月28日、『べっぴんさん』がクランクアップを迎えました。約10か月に渡る撮影の最終日は、奇しくも芳根京子さんの20回目の誕生日。現場取材した人に尋ねたところ、涙いっぱいのフィナーレだったそうです。

 一方、放送中のドラマは3月9日の131話で、芳根さん演じる坂東すみれの娘・さくら(井頭愛海)が第一子・藍を出産。すみれはおばあちゃんになりました。

 つまり、「19歳の女優がおばあちゃん役を演じていた」ということ。現実では絶対にありえない「19歳のおばあちゃん」に、クチコミサイトやSNSでは「さすがに無理がある」という厳しい声があがりました。

ちなみに藍の母親となった井頭さんもまだ15歳ですが、ミドルティーン女優の母親役はときどき見られるので、「これはセーフかな」というムード。やはり19歳のおばあちゃんに対する厳しいコメントが目立つ形になっています。

 芳根さんは4月1日の最終回に向けて、およそ60歳までの人生を演じることが確定。実年齢の3倍であり、父親役だった生瀬勝久さんの実年齢56歳のよりも年上なのですから、いかに難しいチャレンジであるかが分かります。

◆隠しても漏れてしまうみずみずしさ

 もともと朝ドラには、「半年間の放送期間中に若手女優が成長する姿を楽しむ」という醍醐味があります。実際『べっぴんさん』でも、演技経験の豊富な谷村美月さんはさておき、芳根さん、百田夏菜子さん、土村芳さんの演技が回を追うごとに幅が広がっていると感じた人は多いのではないでしょうか。

 スタート前から「今回のメンバーは若すぎるのでは?」「演技経験が少ないのでは?」という声があった中、芳根さんたちは役の年齢を重ねるごとに、やわらかい表情やゆったりとした所作を増やすなどの繊細な演技で不安を払拭。さらに、スタッフによる演出やヘアメイクで、違和感なく年齢を重ねてきましたが、今回はカバーできる範囲を超えてしまったのかもしれません。

1/3ページ

最終更新:3/18(土) 8:52

NEWS ポストセブン