ここから本文です

映画「3月のライオン」神木隆之介 初の二部作主演の重圧で胃痛!?

3/18(土) 10:00配信

ザテレビジョン

羽海野チカの人気コミックを映画化した「3月のライオン」(前編 3月18日・土公開/後編 4月22日・土公開)で主演を務めた神木隆之介。若き天才と称される17歳のプロ棋士・桐山零を演じた彼に、この映画に対する思いや撮影の裏話を聞いた。

【写真を見る】「誇れる映画になったと思っています」と神木隆之介

■ 漫画の実写化はリスクが大きいと思う

――原作のファンだったそうですが、原作との出会いはいつごろでしたか?

20歳ぐらいのときです。知り合いに「これ面白いから読んでごらんよ」と言われて。本当にふとした瞬間の出会いでした。最初は普通に将棋の漫画だと思って読んでいたのですが、棋譜の読み方がわからなくても楽しめるというか、それ以上に人間の温かさや、答えのない人間の迷いや気持ちがストレートに伝わってくる漫画だと思いました。

――出演のオファーが来たときと、脚本を初めて読んだときの感想を教えてください。

お話をいただいたときは、うれしかったです。しかし、こう感じてほしいという答えがない原作だと思いましたし、自分がそう思ってしまったからこそ、それを自分で表現しなくてはいけないのは大変だし、すごく難しい作品だなと思いました。というのも、僕が読んで、ほかの誰かが読んだとしても、僕とその誰かでは違う意見があって、それについて楽しく話せる原作だからこそ、答えを出してはいけないんだろうなと。大友(啓史)監督とも「日常だからこそ、決めごとを作っちゃダメだよね」という話をしていて。これといった正解もないから「自由に一回やってみようか」というのを繰り返していました。原作でもポイントとなる体勢や動き、タイミングというのはあるのですが、それにとらわれ過ぎてしまうと、ただのまねごとになってしまうし、それは絶対にイヤだったから、零を通して感じたままに演じようと思いました。

――もし実写化されるなら、「桐山零役は神木さんがいい」という声がネット上にあったことをご存知でしたか?

僕も作品について自分で調べたりしていたので、知っていました。そんなことを言っていただけるのは奇跡だと思うので、すごくうれしいですし、ありがたいです。漫画と実写では、2次元と3次元で次元数が違ってきますし、原作ファンの方も大勢いらっしゃるので漫画の実写化はリスクが大きいと思うんです。それこそ僕も好きな漫画が実写化されて、観客として思うこともあるので、そう言ってくださるのは本当に奇跡に近いと思っています。

■ 将棋は盤上のコミュニケーション

――子供のころはおじいさんと将棋をされていたそうですが、今回、プロ棋士という役柄で、将棋の難しさをどこに感じましたか?

いくら将棋をしていたとはいえ、おじいちゃんが我流だったので、僕も我流で。今回、撮影が始まる前にレッスンを受けさせていただいたのですが、相手と盤上で会話をしているような感じがして、将棋はコミュニケーションなんだと思いました。もちろん、盤上での駆け引きもありますし、逆に「あなたはどの囲い方ですか?」という質問状もあるんです。このような意味を込めて、この譜をつきましたという。それで相手がこうしたら、「僕は攻めますよ」という意味を込めて進めていくのですが、そういう自分の意思表示も含めて、盤上で会話しているんだなと。プロ棋士の方となると、もっと次元が違うのだと思いますが、レッスンを通して、その感覚が味わえたのはよかったなと思います。

――将棋の先生から「かなり筋がいい」と言われたそうですね。

お世辞でしょうか(笑)。でも、たまに先生に勝てることがあったんです。とはいえ、先生がどこで甘い手を打ったのかも、なぜ僕が勝ったのかも全然分からなくて。いつもそれが疑問でした(笑)。

――大友啓史監督は「対局シーンは殺陣と同じだ」とおっしゃっていたそうですが、撮影しているときは本当にそういう感覚でしたか?

本気で戦っていました。向かい合った相手が容赦なく倒そうと思ってこられるから、僕も油断したら飛ばされるんです。なので、絶対に負けたくないという気持ちや、どうすればこの人を負かすことができるのかを第一に考えながら演じていました。大友監督とは「るろうに剣心」('14年)でもご一緒しましたが、「るろうに剣心」の殺陣とはまた違う疲れ方をしていたと思います。精神力も体力も削られていきましたが、きちんと戦えていたのではないかなと思います。

――指し手の流れを覚えて、そこに感情を乗せていくのは難しくなかったですか?

意外と大丈夫でした。普通に指していたら、そのような流れになるので。あと、レッスンをしていただいた先生に一手、一手を解説していただいていたので、それがとても役に立ったと思います。とはいえ、頭はすごく使っていました。

――今回、神木さんが演じられた桐山零は、幼いころに家族を交通事故で失っていて、心に深い孤独を抱いている青年です。実年齢は神木さんの方が少し上だと思いますが、神木さんから見た桐山零はどんな男の子だと思いますか?

大人ですね。たぶん僕よりも精神年齢は上だと思います(笑)。プロ棋士というのもあると思いますが、彼は孤独を抱えてきたからこそ、学んだことも絶対にあると思います。さらにそこから新しい人たちと関わることで、こういう愛情もあるんだ、こういう人もいるんだと気づいた部分がたくさんあったのではないでしょうか。孤独で失うものもあれば、誰も頼る人がいない中で、自分で考えて行動してきた知恵もあると思うので、それをふまえて考えると、僕より断然に大人です。でも、それがカッコいい。僕も桐山零みたいな大人になりたいです(笑)。

■ 将棋の駒がないとのほほん(笑)

――桐山零にとっては勝負が生きることと同義になっていると思うのですが、対局シーンでセリフ以外の表現にこだわったことや、苦心されたところはありますか?

将棋の指し方は、その中に動揺があったり、人によって指す音が違っていたりするので、そこでの表現は結構できていたかなと思います。勝敗の優劣に関しては意識してなかったですが、レッスンのときに優のときも劣のときも両方知っているので、焦ったときにはどう見えているのかは何となく分かっていたんだと思います。例えば、姿勢がたまに変わったりとか、水を飲み始めたりすると、結構劣勢なのかなって。あとは1ブロック長回し15分という撮り方もよかったのではないかと思います。その15分の中で優から劣に転じたり、いろんな物語があるのですが、それを省略せずに僕らが演じることができたので、自然な流れができていたし、臨場感のあるシーンになったのではないかと思います。

――将棋を指すことでしか自分の存在価値を見いだせていたかった零が、川本家の三姉妹・あかり(倉科カナ)、ひなた(清原果耶)、モモ(新津ちせ)と出会ったことで、人の温かさを知っていきます。将棋のシーンでは大人っぽく、川本家のシーンでは等身大の若者に見えましたが、ご自身的に変化をつけたということは?

川本家のシーンは、三姉妹が撮影の前に、あの家でお泊り会をしたんです。なので、僕はもとからあまり話に入れなくて(笑)。それもあって、特に役作りはしてないんです。でも、やはり棋士の方が周りにいないと、棋士のようではなくなります。ロケ地がほとんど将棋会館だったので、そこに行くと周りに勝負師がたくさんいらっしゃるので、職場だなという感じがするんです。そうなると気合が入るのですが、将棋の駒が出てこないと、「何の映画だったっけ?」というぐらいにのほほんとしていて(笑)。なので、川本家のシーンは、棋士の役だということを忘れた感じで芝居ができていたので、それがよかったのかなと思います。

――共演の方々との撮影の合間のエピソードを教えてください。

全員に共通して言えるのは、本番が終わった後に、足が痛くなりました。それはお決まりのように。特に後藤さん(伊藤英明)との対局シーンは、最長で15~20分ぐらい回していたので、お互いに「(足が)痛い、痛い」と言っていました(笑)。

――神木さん自身、この作品を20代の代表作にしたいとおっしゃっているそうですが、手応えを感じているところはどこですか?

正直、公開されてみないと分からないところもあるのですが、こんなにステキな方たちとご一緒できて、しかも盤の上で闘うことができたのは、とてもうれしかったですし、多くのことを学ばせていただきました。恋愛要素や事件要素というのもとくになく、ただただ日常の人と人のつながりのお芝居ができたのもよかったです。二部作の主演をさせていただけるのは今回が初めてだったので、この上ないプレッシャーで胃が痛くなりましたが(笑)、皆さんには本当に助けていただきましたし、自分にとっても誇れる映画になったと思っています。

最終更新:3/18(土) 10:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)