ここから本文です

ミランが主力7人を欠く非常事態も… 本田は屈辱の22戦連続スタメン落ちと伊紙予想

3/18(土) 7:30配信

Football ZONE web

ジェノア戦でスソ、バッカらが欠場も、背番号10に先発のチャンス訪れず?

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、18日の本拠地ジェノア戦で公式戦22試合連続のスタメン落ちとなることが決定的になった。今季先発出場わずか1試合で合計出場時間96分のベンチ要員は、致命的な試合勘欠如を抱えたまま、23日のワールドカップ・アジア最終予選の敵地UAE戦を迎えるハリルジャパンに合流することになりそうだ。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 これは屈辱的だ。故障者続出でボロボロのチーム状況でも、栄光の背番号10の継承者はチャンスをつかむことができない危険性が高まっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」によると、ミランはジェノア戦で主力7人を失い。DFアバーテ、MFモントリーボ、ボナベントゥーラ、スソが故障離脱。DFロマニョーリ、MFソサ、FWバッカが出場停止となっている。

 だが、本田は千載一遇のチャンスを逃したという。「初めの練習では本田はテストされた。そして、発熱のために取り止めになった」と記事では報じられている。昨年10月25日の敵地ジェノア戦(0-3)以来となる先発の可能性もあったが、発熱でその可能性も消え失せたという。

 予想スタメンでは3トップはデウロフェウ、ラパドゥーラ、オカンポスの3トップと報じられている。パンキナーロ(ベンチ要員)という有り難くない異名をイタリア地元紙から冠せられた本田は、この試合もベンチスタートになりそうだ。

「トレーニングをするだけでも少し違いが…」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は16日の記者会見で、ミランで戦力外状態の10番への信頼を明らかにした。「本田、長友はイタリア、ヨーロッパでもビッグクラブにいる。そこでトレーニングをするだけでも少し違いがある。そういう意味でも信頼がある」と語った。

 実際にはセリエAは絶対王者ユベントス以外に欧州での競争力を失い、かつて世界屈指の名門だったミランとインテルもCLの舞台から遠ざかり、凋落ぶりを示している。主力7人離脱のミランでも先発の座をつかめない本田は、ハリルジャパンで輝くことができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/18(土) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新