ここから本文です

決勝点演出の香川に独紙がチーム最高評価 ドルトムントで「最も優秀な一人」と称賛

3/18(土) 8:22配信

Football ZONE web

インゴルシュタット戦に3戦連続フル出場し1-0勝利に貢献

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は現地時間17日、28歳の誕生日に行われたブンデスリーガ第25節の本拠地インゴルシュタット戦に先発フル出場した。先制点の起点になるスルーパスで1-0勝利に貢献した背番号23は、独メディアからチームトップの評価を受けたほか、「最も優秀な一人」という称賛の言葉も送られている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 この日の香川は1トップを務めたFWオーバメヤンの後方で、MFプリシッチと並んで2シャドーの一角として先発出場。前半14分、ピッチ中央でパスを受けた香川は素早い反転で前を向くと、左サイドを駆け上がったDFシュメルツァーへスルーパスを通した。中央への折り返しをオーバメヤンが左足で押し込んで今季23得点目をゲット。これが決勝点となり、ドルトムントは辛くも2試合ぶりの白星を手にした。

 ドイツ地元紙「WAZ」の採点(1が最高、6が最低)で、香川はオーバメヤンとGKビュルキの2人と並ぶチームトップタイの2.5点が与えられた。「彼の周りには多くの相手DFがいたが、彼はターンした。フェイントと素晴らしいパスで1-0の起点になっただけでなく、プリシッチとドゥルムにも2度のチャンスがあった」と、寸評ではキレのある動きとチャンスメークを高く評価されている。

 シュートチャンスを決めきれないなど精彩を欠いたMFゲレイロが単独ワーストの5点だった。

「BVBファンのお気に入り」が復活との声も

 ドイツ地元紙「ルールナハリヒテン」では、ビッグセーブ連発の守護神ビュルキが単独トップの2点だった。

 香川はシュメルツァー、DFソクラティスと並ぶ2.5点で2位タイとなった。「BVBファンのお気に入り選手は長いこと(レギュラー)外れていたが、最近は力強いパフォーマンスを取り戻した。FCI(インゴルシュタット)相手のこの試合では1-0の起点になるシュメルツァーへの素晴らしいパスだけでなく、ボルシアで最も優秀な選手の一人だった」と絶賛されている。

 決勝点のオーバメヤンと途中出場のMFヴァイグルが3点。DFピスチェク、MFプリシッチ、ゲレイロの3人が5点でワーストタイだった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/18(土) 12:49
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新