ここから本文です

開幕4連勝の神戸が首位キープ。大久保弾などで快勝したFC東京が2位に

3/18(土) 21:07配信

フットボールチャンネル

 18日、明治安田生命J1リーグの8試合が各地で開催された。

 14時キックオフの試合では、昨季王者の鹿島アントラーズがアウェイで清水エスパルスと対戦。71分までに2点を先行される苦しい展開となったが、そこからDF植田直通、FW鈴木優磨、FW金崎夢生が立て続けにゴールを奪って3-2の逆転勝利を収めた。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 北海道コンサドーレ札幌はサンフレッチェ広島を2-1で下し、J1昇格後の初勝利を挙げることに成功した。横浜F・マリノスとアルビレックス新潟は1-1のドロー。ヴァンフォーレ甲府は大宮アルディージャを1-0で下して今季初勝利を挙げ、大宮は開幕から4連敗となった。

 15時キックオフの試合ではセレッソ大阪がサガン鳥栖に1-0で勝利し、こちらもJ1復帰後初白星。鳥栖は3日前に獲得を発表したばかりのコロンビア代表FWビクトル・イバルボがさっそく先発したが無得点に終わった。ベガルタ仙台は後半アディショナルタイムの1点で柏レイソルに1-0の勝利を収めている。

 16時からの試合ではヴィッセル神戸がジュビロ磐田と対戦。今季好調の神戸は後半開始直後にMF大森晃太郎が奪った1点のリードを守り、開幕から4連勝で単独首位を守っている。

 この日唯一のナイトゲームはFC東京対川崎フロンターレの“多摩川クラシコ“。0-0で迎えた76分にオウンゴールで先制したFC東京は、新戦力の昨季得点王ピーター・ウタカも決めて追加点。さらに後半アディショナルタイムには川崎Fから移籍したFW大久保嘉人にも待望の今季初ゴールが生まれ、3-0の勝利で2位浮上を果たした。

 ガンバ大阪対浦和レッズ戦の1試合は19日に開催される。18日に行われた8試合の結果は以下の通り。

札幌 2-1 広島
横浜FM 1-1 新潟
甲府 1-0 大宮
清水 2-3 鹿島
柏 0-1 仙台
C大阪 1-0 鳥栖
神戸 1-0 磐田
FC東京 3-0 川崎F

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)