ここから本文です

FC東京が後半3ゴールで川崎を破り“多摩川クラシコ”制す 大久保、ウタカが移籍後初ゴール!

3/18(土) 21:22配信

Football ZONE web

一進一退の攻防から終盤にFC東京の攻撃陣が爆発

 J1第4節のFC東京対川崎フロンターレの「多摩川クラシコ」が18日、味の素スタジアムで開催され、FC東京が3-0で勝利。FW大久保嘉人、FWピーター・ウタカという新戦力がリーグ戦で移籍後初ゴールを決めた。一方の川崎は、今季公式戦初黒星となった。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 試合は開始早々、川崎にビッグチャンスが訪れる。前半2分、川崎MF中村憲剛の左CKをDF奈良竜樹がヘディングで合わせるが、日本代表選出のFC東京GK林彰洋がビッグセーブを見せる。さらにそのこぼれ球を川崎DF田坂祐介がプッシュするも、またしても林が鋭い反応で弾き出した。

 対するFC東京は同8分、日本代表に招集されたMF高萩洋次郎がボックス中央から右足のシュート。それに応戦するように川崎は同13分にFW小林悠がボックス右から左足のシュートでゴールに迫るなど、目の離せない一進一退の攻防が展開されていく。

 注目の大久保は同26分、右サイドのクロスをバイシクルシュートで合わせるが、枠を捉えきれず。さらに同27分、左サイドのクロスをスライディングで押し込みネットを揺らすも、これは惜しくもオフサイドと判定された。

 同31分には川崎DF登里享平がセンターサークルから圧巻のドリブルで相手DF陣を振り払いシュートを放つも、林がスーパーセーブを披露し、前半はスコアレスのまま折り返した。

後半ATに大久保が待望の初ゴール

 後半に入っても白熱した攻防を繰り広げる両チーム。川崎はFWハイネル、FC東京はFWピーター・ウタカを投入し、勝負をかける。

 スコアが動いたのは後半30分だった。大久保のスルーパスをボックス左で受けたFW阿部拓馬が中央にグラウンダーのクロスを入れる。すると、川崎の田坂に当たってコースを変えたボールはGKチョン・ソンリョンの股を通りゴールに流れ込んだ。

 さらに後半40分、DF太田宏介の左サイドからのクロスをウタカがダイレクトで合わせ追加点。そして後半アディショナルタイムに、FC東京にとって待望の瞬間が訪れた。カウンターからウタカとのワンツーで抜け出した大久保が、相手GKを交わしてネットに流し込み、移籍後初ゴールを決めた。

 川崎は最後までゴールを奪えず、今季公式戦で初の黒星。対するFC東京は「多摩川クラシコ」で4試合ぶりの勝利を手にした。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/18(土) 21:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新