ここから本文です

愛子さまの拒食症が打ち砕く、陛下の「生前退位」構想

デイリー新潮 3/18(土) 8:01配信

■「愛子さま」の拒食症が打ち砕く陛下「生前退位」構想(上)

 陛下による「生前退位」構想には、皇太子さまと雅子妃へご自覚を促そうとする思いが秘められていた。それは本誌(「週刊新潮」3月9日号)で報じた通りだが、愛子さま(15)の拒食症が現実のものとなり、この病気のままならぬ性質が陛下の切なる願いを打ち砕かんとしているのだった。

 ***

「痩せたね」が褒め言葉で、「ふくよかになったね」が必ずしも相手を称える言い回しにならぬ以上、多くの女性はいわば「痩身教」を奉じ続けることになる。

 他ならぬ愛子さまもまた、そのひとりでいらっしゃるようなのだ。

 3月3日、新宿区早稲田の学習院女子中等科。

 午前9時10分。早稲田通り脇に停車したミニバンから降りられた愛子さまは濃紺で膝上丈のウール・コートのいでたちで、歩きスマホならぬ歩きテキストで学校へ向かわれたのだった。

 この日から始まった中学生として最後の試験が、合格点のいわば境界線(ボーダーライン)を意識させるあまりだろうか。左手のテキストは英語の【受動態】をテーマにしており、こんな問題が並ぶ。

〈京都はたくさんの人々に訪問されています〉〈私たちは本当に驚きました〉

 5分弱の登校シーンにおける足取りはしっかりとされていた。去る2月23日に我々が目撃した写真ほどには激痩せぶりを感じさせないのだが……。

 それはすなわち、皇太子さまの57回目の誕生日の折に公表されたご一家の肖像写真を指す。全身写真(1)は昨年7月のものであり、これと比べれば愛子さまの痩身の度合いが際立つのだ。

 この体重減は、昨年9月に始まった愛子さま独自の食事制限から来ているわけだが、改めてそのひとくさりを振り返っておこう。

■マスク姿を見かけなくなり

 夏休み中におけるお出ましの映像を見たクラスメイトは2学期が始まって、こう声をかけている。

〈お洋服もすごく似合っていた。痩せたね〉

 愛子さまの耳に心地よく響いたこういった言葉は、更に痩せることがより自分を美しくさせるのではないかという思考回路へと導いた可能性が低くない。事実、東宮関係者のひとりは、

「体重が増えるのはよろしくないとお考えになっている節があって、そこに嵌りこんでしまうとそう簡単には元に戻せないようです」

 と困惑しきりであるし、さる皇室ウォッチャーはこんな風に見立てる。

「たとえ夏であってもマスクをされることが多かったのです。が、3学期に入ってマスク姿をあまり見かけなくなりました。いまのご自身に納得、あるいは満足されているというお気持ちがそうさせているのではないかと映ります」

「私が聞いたことがあるのは……」

 と、精神科医の片田珠美氏がこんな診断をする。

「ある女の子がクラスのなかでダイエット競争をしました。それで1番になった彼女は周りからきれいになったねと褒められたのですが、そこで“痩せるといいことがあるんだな”と勘違いし、ダイエットが止められなくなり、エスカレートした挙句、拒食症になってしまった。これを『不適切な学習』と呼びます」

1/2ページ

最終更新:3/22(水) 12:37

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。